« 梅雨明け | Main | ツール・ド・フランス2010ダイジェスト »

2010.07.20

八ヶ岳一周ツーリング

R0011422s

走ったコースとプロフィールマップを表示する

今では自転車の魅力にどっぷりとはまり込んでいる私ですが、心はつねに山にあります。
自転車に乗っている時も、できるだけ山との関わりは続けていきたい。山との関わりのなかで自転車を楽しんでいきたい。と思っています。
だからといって、MTBで山道を走ってみたいとは今のところ考えていません。
長年お世話になっている山々と、適度な距離感を保ちながら山麓をロードバイクで走り抜けたらいいなと思っているだけです。

そんな私が一度は走ってみたかったのが、自転車で辿る八ヶ岳一周です。
7月18日、小淵沢駅をスタート・ゴール地点にして反時計回りに八ヶ岳山麓を巡ってきました。

お得な割引キップである「スーパーホリデーパス」を使って、早朝の千葉駅を出発。9時36分に小淵沢駅に到着しました。
駅に降り立つとヒンヤリとしたさわやかな空気が迎えてくれました。
コインロッカーに余分な荷物を預けて、10時2分にいざ出発。
まずは清里、野辺山方面を目指します。
八ヶ岳広域農道を走るコースは勾配もゆるく走りやすいので、距離が伸ばせます。
進路が東から北に向かう頃から勾配が強くなり、最初の坂道が続きます。まだ先は長いのでゆっくりペースで進みました。

川俣川に架かる八ヶ岳高原大橋では、谷を隔てて八ヶ岳連峰が大きく眺められる名所ですが、あいにく稜線はガスに覆われていました。それでも八ヶ岳の雄大さは十分に感じることができる場所です。

R0011421s

さて、ここから本格的な登りが始まります。
長くて辛いけど、周囲の景観に励まされながらがんばるしかありません。フー。
八ヶ岳は登山では何十回となく出かけていますが、山麓を自転車で巡るのはもちろん初めて。距離感もつかめません。サイコン(edge705)だけが頼りです。
頼みのナビ機能ですが、朝から調子が悪くて言うことを聞いてくれません。困ったもんだ。

清里を過ぎ、高原のキャベツ畑の間を走り続けるとやがて野辺山に到着。国道141号線にあるセブンイレブンで1回目の休憩をとりました。
お天気は最高です。が、日差しを遮るものがないので、いくら高原とはいえ走行中は体力を消耗します。水分補給は絶対必要ですね。
この先、コンビニもあまりなさそうなので食料も調達。結果的にはこの判断が正解でした。

松原湖方面へは、海ノ口の手前にある「市場坂」を下らなければなりません。
せっかく稼いだ高度を3kmあまり続く市場坂の下りで帳消しにするのが残念でした。
坂を下りきるとじきに松原湖への道(国道480号線)が左に分かれるので、そちらに入ります。
いきなりの登り返しにちょっとうんざり。

R0011424s

国道480号線は、国道299号線(メルヘン街道)に合流して、麦草峠を経て諏訪方面に出ることができます。
勾配も急で10%を超える部分が出てきますが、ここは忍の一字で黙々と登るのみです。
松原湖に立ち寄る余裕もなくそのまま通過しました。
だんだん高度が上がってくると八ヶ岳連峰がせり上がってきて思わず自転車を停めて眺め入りました。
横岳、硫黄岳、天狗岳、稲子岳と連なる様はなかなか見応えがありました。

R0011426s

いったん下り坂があり登り返すとメルヘン街道(国道299号線)に合流しました。
ふたたび登り一方の道が続きます。
メルヘン街道は、4月に開催されているツール・ド・八ヶ岳の舞台となっている坂道。いやー、やっぱりきついなあ。

100m毎に現れる標高標識が2,100mを刻んでからじきに待望の標高2,127mにある道路最高地点に到着しました。
ちょうど反対方向から1台のローディが向かってきました。
すれ違うときにお互いに笑顔で挨拶を交わします。坂道を登り切った者だけが通じ合える気持ちってありますよね。

R0011428s

麦草峠は道路最高地点の少し先にありました。
到着してみると、車、車、車、、、駐車中の車で溢れかえっています。
厳冬期の静かな峠の姿を知っている者としては失望感で一杯です。
こんなところで休憩する気が起きないのでそのままパスしてダウンヒルに移りました。

峠の下りは気分爽快です。さすがは標高2,100m超のため、ウィンドブレーカーが欲しくなるくらいの気温です。
苦労して獲得した標高を一気に吐き出す感じで下りきりました。
芹ヶ沢南交差点で左折し、メルヘン街道から別れて「八ヶ岳エコーライン」を進みました。
この道は初めてでしたが、広くて気持ちの良い道が続きます。左手に北八ヶ岳の山並みを眺めながら一路小淵沢を目指します。

R0011429s

麦草峠で休まなかったので疲れが溜まっているのがわかりました。
どこかコンビニでもあれば良いなあ、と思うものの見渡す限り高原野菜畑のみ。
コンビニのコの字もありません。
高原地帯とはいえ、直射日光を浴び続けているので体力的にはかなり消耗しています。
疲れでくたくたになりはじめた時、ふと右手を見ると農産物直売所が目に入りました。
ダメモトで近づいて見ると、なんと!「ふるまい(無料)おそば」の幟が!

R0011431rs

文字通り「地獄に仏」です。
お蕎麦の他にもところ天と麦茶の無料サービスをやっていました。農協の方々のご厚意に甘えてしっかりといただきました。
自販機で水分も補給できたので大助かりです。

ふたたび元気を回復して、残り10数キロを根性で走りきり、なんとか無事にスタート地点である小淵沢駅に戻ることができました。
やれやれです。

今回のコースは、距離こそ104kmとけっして長くはありませんが、獲得標高で2,000mを超えており、還暦間近のオジサン世代の私にとっては上限値に近いツーリングでした。
比較的涼しい高原だから走れたのだと思っています。夏場は高原で決まりですね。

|

« 梅雨明け | Main | ツール・ド・フランス2010ダイジェスト »

Comments

うへー、高原とはいえ相当暑そうですねー。
写真からも日差しの強さがわかります。

Posted by: 房総ローディ | 2010.07.21 12:19 PM

ハイ
たしかに日差しが強くてきびしかったです。
でも、吹き抜ける風はさわやかでしたよ。

Posted by: Nob | 2010.07.21 08:55 PM

お疲れさまでしたー。
麦草峠って、峠自体には何もなくて景色も無いんですよね。
しかもこの時期はそんなに車がたくさん止まっているんですか。

私も8月の第1週に飯能からR299を登って麦草峠まで走る、attack299というやつで再び麦草峠に登ってきます。

Posted by: HINA | 2010.07.21 10:27 PM

HINAさん
attack299 検索しました。
飯能から麦草峠まで3つの峠越えをしながら高度をあげていくロングライドイベントなんですね。
山好きには堪えられないルートです。
志賀坂峠や十国峠には思い出もありますし。
真夏の季節でたいへんでしょうけど、がんばりすぎないでがんばってください!

Posted by: Nob | 2010.07.22 09:01 PM

Nobさん、今日も練習ではお世話になりました。

八ヶ岳一周、素敵ですね!
ここのところHPにおじゃましていなかったので
せっかくお会いしたのに八ヶ岳のお話を伺えず
残念でした

私もNobさんのように走れるようになりたいです。


Posted by: Kaori | 2010.07.25 12:22 AM

Kaoriさん
こちらこそ土曜の練習ではお世話になりました。
今朝の日曜朝練は、暑さに負けてズル休みしました。(笑)

さて、八ヶ岳も良かったですが、私はKaoriさんが話しておられた荒川CRが目下の関心事です。
有名な荒サイですが、まだデビューしていません。
途中にアイスクリームの美味しい牧場があるようなので、涼しくなったら一度行ってみます。

Posted by: Nob | 2010.07.25 09:19 AM

Nobさん久しぶり
埼玉で防災ヘリが遭難救助中に墜落、救助中の5人が死亡しました。働き盛りの30代~50代の方々で何ともやり切れない気持ちになります。
遭難場所も割と深い沢で、遭難死した方も50代の女性で、素人見でも習熟度の差はあるにせよ少しきついコースではなかったのか、と言う疑問が残ります。
世の中、「総批判時代」でそのうち中高年の登山批判が出てくるのではないかと懸念します。今回のヘリ事故は
「沢」と言う地形でホバークラフト(停止飛行)の困難さを指摘する声も上がり始めています。しかし、登山者のスタンスにも問題がないのか教えて下さい。

Posted by: イワン・アサノヴィッチ | 2010.07.26 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 梅雨明け | Main | ツール・ド・フランス2010ダイジェスト »