« 蔵王エコーラインの挫折 | Main | 梅雨の晴れ間に朝練参加 »

2010.07.06

edge705のナビ機能をはじめて使う

R0011354s

先日の蔵王"挫折"ヒルクライムではedge705のナビ機能を初めて使ってみました。
白石蔵王駅から遠刈田温泉を経て仙台市内までのツーリングです。
約80kmと短い行程ですが、何しろ初めての土地柄なので「使えるものは何でも使え」でナビ機能を使ってみた次第です。

ところで、私のedge705にはナビ機能のベースとなる地図がまだインストールされていません。
Garmin社のハンディGPS用の地図として定評のあるアップダウン製作所(通称:UUD)製の地図をインストールしたいと思い、購入しようとしたら「8月にバージョンアップします」とのアナウンスが。
あと2ヶ月待てば最新地図が入手できるのなら、現時点で現行版を購入するのはもったいないのでパスしました。

そこで、ネットでいろいろと調べたら、ありました。フリーの地図が。
さっそく遠藤眞様作成のフリーソフト版の地図データを入手しました。

しかし、これだけではまだ地図を使うことはできません。
「sendmap20」というファイル生成ソフトを利用して、エリア毎あるいは情報毎に分離されている地図データファイルを結合して、GPS(この場合edge705)が読める形のファイルを生成する作業が必要になります。
生成された地図ファイルは、PCからマイクロSDなどの外部メモリカードに書き込んだ上でedge705から読み取ることになりますが、ここら辺りの詳しい説明は前述したUUDのサイトにかなり詳しく掲載されていました。

ブログに書くと難しくなっちゃいますが、UUDのサイトでの説明はアラ還世代の私でも十分に理解できたので、比較的簡単な作業ですから安心してください。(笑)
しかし、無料というのは結構たいへんなのですね。

遠藤様作成のフリー地図データは全国を網羅しているわけではありませんが、私が出かけたいエリアはほぼ全て網羅されています。
個人で数値データを入力されたご努力には本当に頭が下がります。(感謝!感謝!)
とはいえ、市販品のように詳細な地図を期待しているとがっかりするかも。
でもまあ、主要道路や鉄道、市役所、駅などは表示されますので、自分が大体どの辺りにいるのかはわかりますよ。(当たり前のことながらすべて英語=ローマ字表記です。)

さて、地図も本体に格納できたので、次はいよいよ走るコースをedge705本体にダウンロードする作業です。
これには強い味方があります。
Yahooが提供している「ルートラボ」で作成したコースを拡張子.gpxファイルとして出力できるサービスを利用すれば簡単にできちゃいます。

こうしてできたgpxファイルは「なんじゃらほんじゃら.gpx」と非常に長たらしい名前なので、これを「zao_to_sendai.gpx」などの簡単でわかりやすいファイル名にリネームして、PCに接続したedge705本体の「garmin」フォルダ内にある「gpx」フォルダにコピペすればおしまいです。
ちなみに、edge705をPCにUSB接続すると、マスストレージとして自動認識されるので、デバイスの一種として容易に取り扱うことができるので本当に便利ですねー。

あとは、スタート地点(ナビ開始地点)で、メニュー → where To? → Saved Rides → ナビコース を選択し、Navigate開始を押せば晴れてナビが開始されます。(結構感動!)
今回の場合、白石蔵王駅前でルートナビを開始しました。

R0011350s

ナビ機能はとても強力です。っていうか、強力過ぎます。(笑)
道路がほんの少しだけ左右どちらかにカーブしているだけでも「ピッ」と音がして、画面上に「go northwest」などという案内表示が出てきます。
案内表示中は他の画面(通常画面)は表示されないので、曲がりくねったコースの場合は、案内表示ばかりで通常画面はほとんど表示されず、かえって不便です。

カーナビのように、道なりの場合は案内なし(「この先しばらく道なりに進みます」)でも良いのですが・・・
とはいえ、右折や左折をするポイントまでの距離も表示されますので、GPSの測位機能が正しければ、ほぼ道迷いはしないで済みます。

私のように詳細な地図がインストールされていなくても、ナビ機能は働いていますので、地図上に道路が表示されていなくても、ナビで示されたコースは太い線で表示されるのでまったく問題ありませんでした。

見知らぬ土地でT字路に出くわす度に紙の地図を取り出さなくても良いので本当に助かりました。
ただし、ルートの途中でナビ機能を切ってしまう(stop navigation)と、ナビ機能が正常に働かなくなり、とんちんかんな案内になってしまいました。
このあたりは、カーナビにはまだまだ敵いませんね。(私の操作が未熟なせいかも知れませんが。)

しかし、その点を差し引いたとしても、edge705のナビ機能は十分に使えると感じました。
ナビ機能がない分安価なedge500とどちらにしようかと悩みましたが、705にしておいて正解だったと思います。

|

« 蔵王エコーラインの挫折 | Main | 梅雨の晴れ間に朝練参加 »

Comments

見たところ、フリーの地図も使えそうですね。
私も705使ってみようかな。

Posted by: 房総ローディ | 2010.07.07 08:38 PM

705のナビ機能には感動しました。
十分に使える機能だと思いますよ。
それに地図が表示できるって、楽しいです。(笑)

Posted by: Nob | 2010.07.07 09:21 PM

私は音が鳴るのは好きじゃないのでいつも音なしで使ってますが、それでも曲がるポイントにさしかかるとちゃんと画面が切り替わりますし、ルートをきちんと入れていれば本当に便利です。
ただしオートリルート機能だけは使えませんが。
サイコンとしての機能も十分なので、手放せません。

Posted by: HINA | 2010.07.08 12:22 AM

なるほど!
音無しに設定することができるのですね。
私もさっそく音無しにしてみます。
HINAさんのおっしゃるとおり、サイコンとしての機能も私にとっては十分なので、その点でも言うことありません。

Posted by: Nob | 2010.07.09 09:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蔵王エコーラインの挫折 | Main | 梅雨の晴れ間に朝練参加 »