« Mt.富士ヒルクライムレース(その2) | Main | Edge705を購入 »

2010.06.07

Mt.富士ヒルクライムレース(その3)

Mtfuji7

午前7時16分、誰がスターターだったのかよく憶えていませんが、とにかくスタートしました。
最初はパレード区間とのことで、接触に気をつけながら集団で仲良く走ります。
約1kmあるこの区間でバテたらみっともないので複式呼吸を心がけて「平常心」で走りました。
やがてカーブを左折するといよいよ計測区間に入りました。
ここからが本番コースです。
すぐに料金所ゲートを通過。
昨日は車で通りすぎた区間を一合目下駐車場に向けて走りますが、この区間が意外と勾配がありちょっと焦りました。
早くも息が切れて、目標の14km/h台はおろか11~12km/h台です。
当たり前のことですが、このペースでは次々に後ろから抜かされます。

ようやく、昨日の下見スタート地点である「一合目下駐車場」を通過する頃には、体力がかなり消耗していました。
この先、一合目、二合目と大丈夫だろうか、と本気で心配しちゃいました。

やがて、後ろから抜かされるのに慣れてきたら緊張感も薄れ、気分は「開き直り」状態でかえって良好に。
一合目を通過。一合目下の駐車場からは結構距離があるので、下見しておいて良かったです。
ここが本当のスタートだ、と思い直すと気分はさらに軽くなり、いわゆるマイペースで走れるようになりました。
二合目を通過し、三合目は下を見ていたので通過がわかりませんでした。
おかげで四合目下にある大沢駐車場(標高2,020m)に到着した時は、二合目からいきなりここまで上がって来られた気分になり、お得な感じになりました。

私の作戦では、ここから上が「勝負区間」です。(たぶんみんなもそう思っている。)
とはいえ、山岳区間が設定されている箇所は急なので、ゆっくりと登り、その後現れる約2kmの平坦区間でがんばる予定。(これもみんながそう思っている筈。)
奥庭駐車場の登りはとてもきつかったけど、すでに登り終えて下ってくる選手から「もうすぐ平坦になるぞー!がんばれー!」との声援にはとても励まされました。ありがとう。

Mtfuji11

たしかに登り終えたところからは平坦なコースが続いていました。
ここで、今回初めてフロントのギアをアウターに変更し、下ハンを持って全力(あくまでも私の)でペダルを踏み込みました。
風を味方につけたせいかどうか、ほぼ30km/h前後を維持しながら走り抜けます。
左手には雲上に浮かぶ南アルプス連峰が私を(私だけを)励ましてくれるようです。
なんと言っても、北(右手)から南(左手)まで、白銀の南アルプスの峰々の名前をきちんと同定できるローディーは5,000人を超える参加者の中でも数少ない筈ですからね。(笑)

Mtfuji9

やがて平坦区間が尽きて、最後の登り坂にさしかかりました。
がんばり過ぎてもう余力は残っていません。
最後はヘロヘロ状態で計測ゾーンを通過しました。

上を見上げると眩い陽光に映えて富士山頂がキラキラと輝いていました。
西に目を転じれば、雲海に浮かぶ南アルプスの山並みが参加者全員を祝福しているようでした。
いやー、これだけは自転車で登ってみなければわからない気分ですね。
この気分は、積雪期に富士山頂に立った時に感じる高揚感にそっくりです。

Mtfuji10

ゴール付近でボーッとしていたら、自転車仲間のkikuさんにばったり遭遇。
7,000番台(申告タイムはたぶん2時間位?)でスタートしたのにタイムは1時間20分台とか。
スゲー!
っていうか、過小に申告したらいけませんよ。(笑)
私の記録は、後で正式にわかったのですが、1時間35分を少し切るタイムでした。
冗談で掲げた「目標タイム」(1時間40分)をクリア出来たのは嬉しかったですが、何よりも完走できた喜びの方がずっと大きなものがあります。
健康に注意して、還暦を迎える来年もぜひチャレンジしてみたいですね。

Distance 24.0km
Ride Time 01:34:35
AveSpeed 15.2km/h
Ave Cadence 79

Mtfuji8


|

« Mt.富士ヒルクライムレース(その2) | Main | Edge705を購入 »

Comments

お疲れさまでした~!
本当に景色も良くて、最高のヒルクライム日和でしたね。
あんなに綺麗な南アルプスを見たのは初めてでした。
しかし、初Mt富士で本当に見事なタイムで、とてもいいレースでしたね。
サドルバッグと空気入れをはずしていれば、あと1分は速かったはずですよ(笑)
ぜひ、来年は還暦90分切りを目標に頑張ってください!

Posted by: HINA | 2010.06.08 12:19 AM

Nobさん、お疲れ様でした~
フィニッシュ後にせっかく顔を合わせたのに、下山用荷物を探すのに手間取ってしまって…… 失礼しました。
34分台ってのは、立派に誇れるタイムですよ。GIROのBチームメンバーも、大半は30分前後でしたから。Nobさんも日曜錬でBチームに十分入れます!!
私の正式タイムは22分台でした。計測開始地点がよくわからずに、ストップウォッチを押すのが遅れたようです(笑)
Nobさんも私も、年齢別クラスでは100位ちょっとでしたね。来年は30分切りが目標となりますね。私も20分切りを目標にして、お互いに2ケタ順位を目指しましょうか。

Posted by: kiku | 2010.06.08 12:17 PM

いやー、すごいじゃないですかー。
失礼ながらNobさんの年齢(還暦少し前?)から言って、大健闘だと思いますよ。
それにしても、レースの3部作、楽しく読ませてもらいました。
レース初参加の気持ちがよく出ていて面白かったですよ。
それに写真もいいですね。レース中にも撮っていたなんて余裕ですねー。

Posted by: 房総ローディ | 2010.06.08 12:30 PM

HINAさん
スタート会場でHINAさんから声をかけてもらえて、本当にうれしかったです。
あれで、緊張感がだいぶ薄れました。
サドルバックやインフレーターは、たしかに余分な荷物でした。(笑)
この次にヒルクライムに出るときはダイエット状態で臨みたいと思います。
これで1分切れればいいなあ。

Posted by: Nob | 2010.06.08 08:26 PM

kikuさん
ゴール地点では、こちらこそ失礼しました。
もう少し待っていれば一緒に記念写真が撮れたのに残念でした。
それにしても、1時間22分台はさすがですねー。
柳沢峠でkikuさんの実力はよくわかっていましたので、驚きませんが、申告タイム7,000番台とは驚きました。(笑)
来年は適正な申告をお願いしますね。

Posted by: Nob | 2010.06.08 08:29 PM

房総ローディさん
レース中に撮った写真は、さすがにパレード区間だけです。
本番コースでは緊張して、というか他車にぶつかってはいけないと思い、自重しました。
初めてのレース経験でしたが、面白かったですよ。
病みつきにはならないと思いますが、また出てみたいという気持ちは大いに持ちました。

Posted by: Nob | 2010.06.08 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Mt.富士ヒルクライムレース(その2) | Main | Edge705を購入 »