« うぐいすラインから安房天津へ | Main | 樹氷が満開! 丹沢・鍋割山稜 »

2010.02.07

水元公園波高し

Mizumoto03

走ったコースとプロフィールマップを表示する

「・・・西から冬型の気圧配置が緩んできます。西日本や東日本は晴れる所が多いでしょう。」
との予報を信じて、というか2月の強風は二日続きでは吹かないという「自分予報」を信じて、風の強い土曜日を避けて日曜日にしたのですが・・・
日曜日も十分に風が強かったです。ハイ。(苦笑)
特に江戸川の土手の上は。

初めて江戸川サイクリングロードを走ってみました。
自宅からの行き方がよくわかりません。
西船橋までは14号線を、そこからは県道179号線を使ってみましたが、まあまあこんなものかな。

Mizumoto01江戸川左岸の土手上にあるCRは風さえなければゴキゲンのコースです。
はるかかなたに富士山と丹沢の山並みが浮かんでいます。
うーむ。山に行きたいな-。

今日は昨日と同様の北西の強風が吹き荒れています。
寒さは万全の備えでクリアできても、強烈な向かい風を乗り越えるパワーまでの備えはありません。とほほ・・
一生懸命ペダルを回すのですが、速度はせいぜい13~16km/hどまりです。
これではヒルクライムの練習にきているみたい。

上流から近づいてくる自転車のりは息も乱れず軽快に走り去っていきます。
悔しいけど、仕方ありません。
私だって帰りは風を背に受けて楽ちんで帰れるのですからね。

金町浄水場の取水塔ようやく市川橋に到着。
ここで右岸に渡りさらに北上します。
やがて金町浄水場のクラシックな取水塔が見えてきました。
赤レンガ色のトンガリ帽子の姿は、見ていて和みますね。

さらに進むと寅さん記念公園がありました。
東屋があったので休憩をとりました。
隣に座っていたローディーと話が弾みます。
彼は関宿を目指して野田まで行ったものの、強風で何度も煽られて体力を消耗し、引き返してきたとのこと。
私も土手上では何度も煽られて危険な目に遭いましたが、横風は怖いですね。
トイレのために自転車を立てかけておいたら強風でひっくり返ってしまいました。それも二度。

何だかんだでようやく目的地の水元公園に到着です。
ここまでの向かい風はハンパじゃなかったです。体力的には今日はここまでが精一杯。
公園にある小合溜の池は、さながら冬の日本海状態。(ちょっと大げさ?)
でもこんなに荒れた小合溜を見たのは初めてでした。

Mizumoto04せっかくここまで来たので園内をぐるっと一周してみました。
広い園内ですが、ロードバイクだと簡単に巡ることができます。
水郷のような景観も見られ、都内にいるとは思えません。
水元公園から柴又、矢切の渡しにかけては本当に心なごむエリアだと思います。
春になったらまた是非チャリで訪れてみたいものです。

さて、帰りは期待どおりのフォローウィンド。
文字どおり「風」に乗って、自転車はぐんぐん進みます。
ペダルを軽く回しただけで35km/hから40km/h出てしまいます。(笑)
途中、柴又帝釈天でお参りをして帰路につきました。

|

« うぐいすラインから安房天津へ | Main | 樹氷が満開! 丹沢・鍋割山稜 »

Comments

昨日は風強かったですね。
私は静岡まで遠征してママチャリで200kmを走ってきました。
↓参加したのはこれ。
http://sites.google.com/site/audaxjapanshizuoka/home/event/mamachari2010-200km
静岡県の袋井からスタートして、愛知県渥美半島の先端「伊良湖岬」を目指して往復するというコース。
往路は西に向かうので、すごい向かい風で突風は吹くし、どうなることかと思いましたが、復路は追い風に助けられました。
苦労の末にたどり着いた伊良湖岬の絶景、よかったですよ。
こんなヘンタイな参加者わずか5人(笑)で、1人DNFでしたが、私のほか4人は12時間前後でゴールできました。
重量20kg弱、7段変速の息子のママチャリでも意外と走れるものだと思いました。
今週末も千葉で200km、来週は埼玉で200kmとブルベウィークが続きます。

Posted by: HINA | 2010.02.08 02:20 PM

HINAさん
いやー、どこかのブルベでも走っているのかな?とは思っていましたが、まさかママチャリでとは!
いよいよマニアックな世界に入りつつありますね。(笑)
それにしてもママチャリだと直立姿勢になるので風の抵抗をもろに受けるので、昨日はさぞつらかったでしょうね。
でも、7段変速のママチャリってすごいですね。

Posted by: Nob | 2010.02.08 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うぐいすラインから安房天津へ | Main | 樹氷が満開! 丹沢・鍋割山稜 »