« 水元公園波高し | Main | 迂回路探索 »

2010.02.14

樹氷が満開! 丹沢・鍋割山稜

Nabewari03

Google Map で表示する

大陸から寒気が南下している状態で、本州の南岸を低気圧が通過すると関東地方が大雪に見舞われることは、皆さんご存じの気象知識です。
一昨日の金曜日がちょうどこのような状態だったので、翌日の土曜日に表丹沢に出かけることを思い立ちました。

久しぶりにヨーコさんに連絡すると、二つ返事でOKとのこと。
それでは出かけることにするか、と地図を広げるまでもなく、この時期のお気に入り山域である鍋割山稜の計画を立て、実行に移しました。

ところが、低気圧の通過とともに回復するはずのお天気が回復しないで朝から寒々しい空模様です。
未明の千葉でも雪がちらほら・・・
当てが外れてしまいましたが、雪の中を歩くのも良いかなあと思い直し、予定どおり出発しました。

Nabewari04ヨーコさんとの集合場所である渋沢駅では霙(みぞれ)が降っていました。
こんなお天気にもかかわらず、大倉行きのバスには登山者たちが続々と乗り込んできます。
大倉バス停に着く頃には霙が雪に変わっていました。
この雪、下山するまでずっと降り続いていました。

バス停で装備を整えますが、雪山ハイキングとしてはほぼ完全な装備を持って出発です。(8:45)
とはいえ、標高1,300m程度のハイキングなので気は楽ですが・・

大倉尾根には多くの登山者が歩いていました。
この尾根の人気ぶりに改めて感心しました。
登山道が整備され、要所要所にはこの時期でも茶店や山小屋が営業しているので、安心感があるからでしょう。
意外だったのは、雪の量が少ないことです。
金曜日の夜にずいぶん積もったのでは?と期待していたのですが、ほとんど降らなかったようです。
一昨年の同じ時期(2008年2月)に訪れたときには、稜線上で50cm位あったのを思えばちょっぴり残念でした。

多くの登山者たちと抜きつ抜かれつしながら、ようやく堀山の家に到着。(10:50)
まだまだ雪は少ないですが、歩きやすさを考えてアイゼンを着けました。
相変わらず湿った雪が降り続いています。

植林帯を抜けて明るい尾根歩きになると、樹氷が楽しめるようになりました。
表丹沢の樹氷は昔から有名です。ここ2,3日の降雪と低温で樹氷の発達は最高です。
小枝一本一本にびっしりと氷が付着しているので、お天気であればきらきらと眩しいくらいに輝くはずです。

Nabewari07尾根道が急になると花立の登りに差しかかるのがわかります。
ここは一歩一歩がまんの歩きです。
ようやく登り切ったところにある花立山荘で一休み。(11:51~12:00)
残念ながら展望無し。横なぐりの雪が降るのみ。さぶいー!

大倉尾根もこの辺りまで登ると雪もしっかりついて歩きやすくなりました。
金冷シ手前の痩せ尾根付近の樹氷は文句なしの美しさ。
思わず見とれてしまいました。

塔ノ岳分岐では迷わず左手の鍋割山稜方面に進みました。(12:20)
ヨーコさんも私も塔ノ岳には数え切れないほど登頂しているし、この天気では何も見えません。よって山頂はパスしました。

踏み入れた鍋割山稜は大倉尾根の喧噪とは打って変わって静寂感が支配しています。
この空間が大好きで、こんな日にもかかわらず登ってきたのです。
手軽に入れる表丹沢にあって、このエリアは本当に貴重な空間だと思います。
ブナの巨木にも雪氷がまとわりついて幻想的な世界を演出してくれています。

Nabewari12大丸を過ぎてしばらくはブナの樹林帯歩きを楽しみながらゆるやかに上下を繰り返します。
ここで失敗をしでかしてしまいました。
低木が雪の重みで垂れ下がり、二俣分岐の指導標が見えづらくなったのを気づかずに、先行者のトレースのみを辿った結果、二俣方面への尾根(訓練所尾根)に迷い込んでしまったのです。
普段なら迷いようのない分岐なのですが、視界がなく、下ばかりを向いて歩いていたために犯した失敗でした。
ヨーコさんのGPSマップで位置を確認したら、それほど下降してはいなかったので登り返すことに。
こんな初歩的なミスをするから、なかなか若葉マークが取れないのですよねえ。(苦笑)

元のルートに復帰してからは順調に進みました。
やがて鍋割山頂に到着。(13:52)
名物の鍋焼きうどん(980円)は次回のお楽しみにして、下山にかかります。

Nabewari15後沢乗越までは急な下りの連続で嫌になります。
雪が薄くかぶっているために慎重に下りました。
時間が押しているので、後沢乗越はそのまま通過して、薄暗い植林帯の中を二俣目指して下りました。

車道に出たところでアイゼンを外し、あとは大倉までの単調な林道歩きが続きます。
こういう時、連れがあるとおしゃべりしながら歩けるので時間の経過が気になりません。
二人でおしゃべりしながら夕闇の迫る林道を大倉まで歩きました。
大倉バス停着は16:40。
終日、雪の舞う中を歩いたせいか時間がかかってしまいました。
あいにくのお天気でしたが、久しぶりに雪山気分を満喫することができました。
同行してくれたヨーコさん、ありがとうございました。

【コースタイム】
大倉BS(8:45)・・・堀山の家(10:50~57)・・・花立山荘(11:51~12:00)・・・金冷シ(12:20)・・・鍋割山(13:52~14:10)・・・後沢乗越(14:48)・・・二俣(15:35)・・・大倉BS(16:40)

|

« 水元公園波高し | Main | 迂回路探索 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 水元公園波高し | Main | 迂回路探索 »