« 大雪山系遭難 | Main | 懸垂下降中のトラブル »

2009.07.21

那須 沼ッ原から白笹山・南月山を周回する

090720_nasu_map■日程 2009年7月20日
■目的地 那須 白笹山~南月山周回
■コース 沼ッ原~白笹山~南月山~姥ヶ平~沼ッ原
■メンバー Nob(単独)

那須連峰の南端に位置する白笹山(1719m)は地味な山容から訪れる人はあまり多くありませんが、人気の沼ッ原湿原からは至近の距離にあります。
沼ッ原湿原を起点にして、白笹山、南月山、日の出平を経て姥ヶ平から再び沼ッ原に戻る周回コースを歩いてきました。

スライドショーはこちら



■7月20日 曇り時々晴れ
沼ッ原駐車場を6時少し前に出発する。
朝が早いせいか広い駐車場も車はたったの4台だった。
前日の雨のせいで泥濘の道を進む。シラビソの原生樹林帯が広がり、静かな山道を登っていく。時折、駐車場方面が眼下に見えるが、徐々に車の数が増えていくようだ。
Shirasasa01山道は結構な傾斜があり、ところどころに土砂が流失してできた大きな段差があり通過もけっこう大変だ。
やがて登山道がジグザグになってくると傾斜もゆるみ山頂が近いことを教えてくれる。
白笹山頂は、標識がなければ通過してしまうような登山道の途中にある感じの頂だ。(6:58~7:00)

さて、ここから南月山、日の出平を経て牛ヶ首までは標高1700m前後のなだらかな山稜が続く。足下にはチシマザサが生い茂り、シラビソの点在する稜線歩きとなる。

Shirasasa03あいにく、ガスがまとわりついており、快晴の稜線歩きとはいかないものの、右手の関東平野方面はきれいに晴れ上がり、遠く筑波山まで眺めることができた。

小さな祠のある南月山頂上(7:30)からは火山礫に覆われた稜線が続く。ガスと強風が先日の大雪山系遭難のことが脳裏に浮かび結構緊張した。風がもう少し強いようなら迷わずウィンドヤッケを着用するところだったが、なんとか通過する。

日の出平に着く頃には風も弱まり、風景写真を撮る余裕が生まれる。牛ヶ首のコルを前景にした茶臼岳の勇姿を何枚か写真におさめた。

Shirasasa08下り着いた牛ヶ首からは下り一方になる。
姥ヶ平に下り着き、後ろを振り返れば茶臼岳が噴煙を噴き上げて雄大な姿を見せている。ここからの茶臼岳は私の好きな景色の一つだ。

姥ヶ平からは樹林帯に入る。三斗小屋温泉分岐を経て、いったん登りとなるが、やがて等高線沿いのなだらかな道が続く。原生林に覆われた山深い静かな道だ。

Shirasasa13このあたり、いかにも熊が出没しそうな雰囲気で、一人で歩いているとちょっと不安にかられる。熊よけの鈴を持参すればよかったと悔いるが後の祭り。
仕方ないので、山の歌を口ずさみながら歩いた。(ホント)

やがて、沼ッ原湿原が遠望できるようになると徐々に高度を下げていく。途中、「駐車場近道」の標識にひかれて左に折れてしまったが、これが大きな間違いだった。
てっきり湿原を通過してから駐車場に向かうとばかり思っていたが、直接駐車場に出てしまった。(9:15)
ちゃんと地図を開いて確認すべきだった。

Shirasasa14出発してから3時間あまり経った駐車場には車がいっぱいなのに驚く。観光バスも何台も駐車しており沼ッ原の人気の高さがわかった。

時間が余ったので改めて沼ッ原湿原に向かう。
盛りが6月下旬頃のニッコウキスゲはほとんど姿を消していたが、アヤメが濃い紫色の美しい花を咲かせていた。

■タイム
沼ッ原駐車場(5:58)---白笹山(6:58~7:00)---南月山(7:30)---日の出平(7:47)---牛ヶ首(8:03~05)---姥ヶ平(8:17)---三斗小屋温泉分岐(8:27)---沼ッ原駐車場(9:15)---沼ッ原湿原(9:23~40)---沼ッ原駐車場(9:50)

|

« 大雪山系遭難 | Main | 懸垂下降中のトラブル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大雪山系遭難 | Main | 懸垂下降中のトラブル »