« 技術と経験の伝承(3) | Main | 宝剣岳の関所越え? »

2009.04.21

目には青葉 山ホトトギス 手打ち蕎麦

先週の土曜日は、やわらかな新緑をもとめて奥多摩にハイキングに出かけてきました。

Ootsukayama01古里(こり)駅をスタートしたのが9時。
駅前の青梅街道を右折します。
ダンプトラックの騒音と振動に圧迫されながらの街道ウォークはいやですねえ。

5~6分歩くと、やがて左に製材所があり、その先に『大多摩ウォーキングトレイル』の立派な標識がありました。
それにしたがい多摩川方面に下って行く舗装路に入ります。
青梅街道から離れたとたん、奥多摩本来の静かな山村風景に魅せられます。

寸庭橋で多摩川の対岸に渡ります。
橋の上からは目にまぶしい両岸の新緑が美しい。眼下の奥多摩渓谷では釣り人がのんびりと釣り糸を垂れていました。

Ootsukayama02橋を渡ると、多摩川の右岸に沿ってウォーキングトレイルが付けられています。
鉄パイプで組まれた橋の手前で越沢と分かれ、左上に登っていく道があります。標識はありませんがここが鉄五郎新道の登り口。ちょっと注意が必要です。

少し登ると民家が見えますが、川は渡らずに右手の細い尾根筋を登りました。
少し先が小びろくなっていて、そこに木の標識があり御岳山、大塚山への道が示されていました。

越沢沿いのよく踏まれた道を進みました。
昨年の今頃も歩いているので自信をもって歩きましたが、沢沿い(越沢)に進むばかりでなかなか尾根に取り付きません。ちょっと心配になり、何度も地図とGPSとにらめっこです。

うーん、道を間違えたのかなあと心配になった頃、ようやく登り道となり無人の小屋が建っている場所に到着。
この小屋と鳥居には見覚えがあります。金比羅神社でした。
鳥居をくぐり、右に少しの岩場を登ったら金比羅神社という祠や、岩場の展望台がありました。

Ootsukayama03鳥居に戻り『左 御岳山』という標識にしたがい、広沢山から大塚山への道に入ります。
ここからは時々急登も混じるなかなかハードなコースになります。やがて露岩まじりの本格的な急坂になるとイワウチワの群落に着きます。
今年は暖かい日が続いたためかお目当てのイワウチワはすでに咲き終わっていました。残念!

展望の無い広沢山で小休止。
ここからは緩やかな尾根道が続きます。電波塔のある大塚山が近づくと、鍋割山北尾根から鳩ノ巣城山につづく長い尾根が望めます。

バラ線に沿って登ると電波塔の裏に出て、さらに右から柵に沿って登るとハイカーで賑わう大塚山の頂上に飛び出しました。

Ootsukayama04帰路は丹三郎の集落経由で出発地の古里駅に戻るコースをとりました。
山麓の集落には一度は訪れてみたいと思っていたお蕎麦屋さんがあります。
築250年以上も経つ茅葺きの民家を改造したつくりにちょっと感動しました。

お蕎麦屋さんの名前は集落の名前そのままで「丹三郎」です。
いまが旬の筍の天ぷらにヱビスビール。それに腰のある手打ち蕎麦を賞味して至福の時を過ごしました。
美味い!

Ootsukayama_map【コースタイム】
古里駅(9:00)---鉄五郎新道入口(9:26)---金比羅神社(10:20~28)---広沢山(11:30~43)---大塚山12:07~39)---丹三郎登山口(14:00)---<お蕎麦屋に立ち寄る>---古里駅(15:05)

|

« 技術と経験の伝承(3) | Main | 宝剣岳の関所越え? »

Comments

こんにちは。あれ、ドキドキデジイチ・・のサイトかと思いました。シームレスになりそうな予感がするなぁ。

Posted by: おじん堂 | 2009.04.22 09:35 AM

まあまあ、そう言わずに・・・
ネタ不足なんですから。

Posted by: Nob | 2009.04.22 06:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 技術と経験の伝承(3) | Main | 宝剣岳の関所越え? »