« 技術と経験の伝承 | Main | 那須の雪崩事故 »

2009.03.29

技術と経験の伝承(2)

Tenran012回目の今日のテーマは「懸垂下降」です。

クライミングを始めて20年近くになりますが、懸垂下降は今でも苦手だし緊張します。
10年前には仲間を懸垂下降の失敗でなくしています。
その記憶が大きく影響しているのもありますが、急崖に身を晒してロープ1本に命を託すというイメージが一番大きいですね。
ロープを支える支点の確実性も気になるし・・。

練習では、バックアップロープを使って万が一の失敗に備えるわけですが、本番では通常バックアップロープは使用しないので、こうした練習も(本番の状況を想定すると)考えものです。

Tenran02さらにはマッシャーやプルージックといった巻き付け結びでセルフバックアップをとってもらうのですが、これがくせ者でスリングの種類や結び目の締め加減によっては荷重がかかった場合、ロックしてしまうことがあります。

空中懸垂下降時にわざと荷重をかけてもらいました。
案の定というか不幸にも?ロックしてしまい、今日の講習内容にはなかったスリングを使った「自己脱出」の練習をやる羽目に。(苦笑)

おかげで、巻き付け結びによるバックアップのメリット・デメリットを体感してもらうことができました。

岩場からの帰り道、花冷えのお天気が続いていましたが、公園の桜がようやく花をほころばせてくれました。

桜ほころぶ


|

« 技術と経験の伝承 | Main | 那須の雪崩事故 »

Comments

こんにちは。こっちはデジコン日記ですね。デジイチとの違いが全然わかりませんが。目が悪いのかなぁ。

Posted by: おじん堂 | 2009.03.30 08:02 AM

デジコンというのかなあ。
コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)って言いません?
まあ、どっちでもいいか。

やっぱコンデジでは被写界深度が浅いので、ボケの効いた奥行きある写真が撮れませんね。

Posted by: Nob | 2009.03.30 10:18 PM

Nobさん、こんにちは。
3月29日に知人がアイスクライミングの懸垂下降中に墜落して死亡、今日がお通夜だそうです。
片方のロープが短くて、すっぽ抜けたそうです。
初歩のミスで、末端を結んでいれば避けられた事故です。毎週のように通っていたとのこと、〔慣れ〕から来る油断だったのでしょうか。

Posted by: hirorin | 2009.04.01 01:40 PM

ヒロリンさん
コメントありがとうございます。
懸垂下降中の事故、本当に辛いですね。
亡くなられた方を批判する資格は私にはありませんが、一般的に懸垂下降中の事故はヒューマンエラーがほぼ100%です。
つまりちょっとした注意力とバックアップで避けられる危険なのです。
逆に言えば注意力が足りないと重大事故につながるのが懸垂下降なんですね。
ご冥福をお祈りします。

Posted by: Nob | 2009.04.01 08:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 技術と経験の伝承 | Main | 那須の雪崩事故 »