« 初冬の富士に登る | Main | 呉羽山は展望の名山 »

2008.11.30

アイゼントレ

Tenran01今年もアイゼントレの季節が巡ってきました。
というか、今シーズンは少し遅かったかな?

前週の富士登山でアイゼンワークの感触は取り戻せたので、今回は比較的スムーズに取り組むことができました。
富士山ではフラットフッティング、天覧山の岩場では前爪2本のフロントポインティングが主体になります。

今日の天覧山は私たち3人以外はだれもいません。
始めから終わりまで完全貸し切り状態の岩場というのもめずらしいものです。
周囲の目に気を遣うことなくのびのびと登ることができたのはありがたいですね。
3時間ほど集中して一人当たり7本ほど登ることができたのは収穫でした。

Tenran02帰り際、以前から気になっていたビレイデバイスの比較検証もやってみました。
ブラックダイアモンド社の「ATCガイド」とペツル社の「ルベルソキューブ」です。
両方とも支点を使ってセカンドを確保する時にオートロックがかかるので安全性が高いのですが、一旦かかったロックを解除する際の操作には大きな違いがあることがわかりました。

いずれのビレイデバイスもカラビナを梃子のように使って容易にロックを解除できますが、取り扱いに習熟しないと、デバイスの中でロープがクロスしてしまい、その摩擦が原因でロックがスムーズに解除できないことがわかりました。

取説を読んだり室内で試してみるだけでなく、実際の岩場で試してみることの必要性を痛感した一日でした。

|

« 初冬の富士に登る | Main | 呉羽山は展望の名山 »

Comments

こんにちは。最近の登攀用具には取説があるのですか。なかなか使い方が難しいのですね。アマチュア無線の無線機よりも難しそうだ。

Posted by: おじん堂 | 2008.12.02 07:01 PM

製造物責任法(PL法)のからみからか、取説はかならず付いてきます。
絵入りで謝ったやり方にはドクロマークやバツマークが書かれています。
が、実地に何度も試してみないことには、なかなか自分のものにならないですね。

Posted by: Nob | 2008.12.03 07:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初冬の富士に登る | Main | 呉羽山は展望の名山 »