« 治にいて乱を忘れず? | Main | 静かな岩場で久々にクライミング »

2008.10.19

治にいて乱を忘れず?(その2)

R0010774s今日(日曜日)も昨日に引き続いて、救助隊の講習会です。
今日は某大学の広大なグラウンドの一角にあるクロカンコースの斜面を利用しての実技講習会です。

日頃のクライミングではなかなか使うことのない、プロトラクションやミニトラクション、ストップといったレスキュー器具の習熟と基本技術の確認などに時間を割きました。

R0010775sレスキュー技術とは別に、一般登山道でも役立つ「安全登山の7つ道具」の活用法なども実際に確認できたことはとても役立ちました。

「7つ道具」とは、60cmスリング2本、120cmスリング1本、カラビナ2個、環付きカラビナ1個、それにロープマン(初期タイプ)1個の計7つです。
これらを自在に使って、一般登山での危険箇所(ザレた岩場や鎖場など)を安全に通過するための技術を互いに確認し合いました。
7つ全部をメンバー一人一人が持参する訳ですが、全部持っても軽くてかさばることはありません。
今後、ハイカー対象の講習会では大いに啓発していきたいと強く思いました。

R0010792s_2また、1対1での引き上げ法(1/6法)も講師に実演してもらいました。
慣れるには練習が必要ですが、究極のセルフレスキューとしてぜひ身につけておきたい技術の一つです。

その他、スケットを使った斜面の引き上げも実際にやってみました。
1/6引き上げ法で行ったので僅かな力で引き上げることができましたが、その反面ロープの繰り出し距離が増えるので、1/3引き上げ法の方が負荷はかかるものの現実的なのかな?とも感じました。

日頃、使い慣れていない器具の操作は正直のところ気が重いですが、いざレスキューの現場に出ることを考えれば何回練習してもし足りないことはありません。
手軽にできる技術もあるので、億劫がらずにできる範囲で取り組んでいきたいものです。

(独白)それにしても、講習会もいいけどやっぱり山に行きたいなあ・・・

|

« 治にいて乱を忘れず? | Main | 静かな岩場で久々にクライミング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 治にいて乱を忘れず? | Main | 静かな岩場で久々にクライミング »