« メジャーとマイナーの格差 | Main | 治にいて乱を忘れず? »

2008.10.13

紅葉の赤薙山から丸山を歩く

Akanagi01


3連休の最終日ということで、山に入る人も少ないだろうと見当をつけて奥日光の探勝を計画しました。

いつもより早めの電車で日光駅に下り立ち、さっそく奥日光行きのバスの切符を買い求めると、バス会社の人に言われました。
「今日のいろは坂は大渋滞ですよ。昨日は中禅寺湖畔まで4時間かかったし今日も何時に着くかわかりませんけど、それでも良いですか?」

それでも良いですか?と言われると困ってしまいます。
なにしろこちらは戦場ヶ原と小田代ヶ原の紅葉を楽しみにしてきたのですから・・・
しかし大渋滞に巻き込まれるのはまっぴらご免です。

そこで、急きょ行き先を変更して霧降高原から赤薙山を訪れることにしました。
湯元行きとは対照的に霧降高原行きのバスはガラガラの空きようです。

訪れた霧降高原はニッコウキスゲの最盛期からはほど遠い閑散とした雰囲気。
それでも足下にはリンドウの花がいくつも咲き残っていました。

リフトを乗り継いでキスゲ平に出て、ここから赤薙山を目指しました。
ヤマツツジの真っ赤な紅葉が目に飛び込んできます。
笹原と紅いツツジのコントラストが何とも素晴らしい景観を与えてくれています。

ゆっくり歩いて1時間。
赤薙山の山頂には赤薙神社が鎮座していました。
樹の間越しに男体山から女峰山の峰々が間近に眺められます。
ここから先は本格的な登山コースになるため今日はここで回れ右です。
山頂の先に登ってくる巻き道を利用してキスゲ平に戻りました。

まだ時間が早いので丸山を経由して八平ヶ原からバス停に戻ることにしました。
途中にある八平ヶ原はのびやかに笹原がひろがる高原です。
笹原を過ぎると美しい紅黄葉の樹林帯が続きます。
写真を撮りながらのんびり歩いて出発地の霧降高原バス停に帰り着きました。

Akanagi06

Akanagi03

Akanagi04

Akanagi05


|

« メジャーとマイナーの格差 | Main | 治にいて乱を忘れず? »

Comments

あれれ・・・秋の本チャンルートの事前トレをしたということは、この連休が本チャンルートではなかったのでしょーか。
ひょっとして事前トレで肩が故障して本チャンは不参加とか。

Posted by: おじん堂 | 2008.10.14 04:15 PM

熱心なブログ読者にはいい加減なこと書けませんね。(笑)
3連休に山に出かけても高速道路も山小屋もルートも満員御礼なので最初から計画してません。

私の場合、本ちゃん不参加の可能性は大ですが、肩の故障ではなく「登る実力不足」からです。トホホ・・・

Posted by: Nob | 2008.10.14 06:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メジャーとマイナーの格差 | Main | 治にいて乱を忘れず? »