« カメラのヒヤリハット | Main | 房総山中での救助訓練 »

2008.07.02

6月下旬の八幡平

0016月最後の土日を利用して秋田、岩手を旅してきました。
新幹線を使えば東京から盛岡まで2時間半。
この便利さに負けて、最近は年に3~4回は東北を訪れています。

といっても使う切符はあいかわらず「大人の休日倶楽部」で手に入れた12,000円でJR東日本全線3日間乗り放題切符。
せっかく3日間使えるのに、2日間しか休めない悲しさも苦笑ものですが。
ちなみに今回の最高到達駅は秋田県角館。
我が家からは往復で32,000円以上ですから2万円以上もお得でした。

002r今回は、岩手山南麓の網張温泉を拠点に裏岩手の八幡平まで足をのばしてきました。
八幡平は初めて訪れましたが、なだらかな溶岩台地に豊かな樹林がどこまでも続くとてもおおらかな山並み。
いっぺんで好きになりました。

この10月で90歳になる父親同伴の旅行でしたので山歩きはできませんでしたが、山並みを縫うようにつづくハイウェイのすぐ脇に高山植物が咲きほこっているのに接してごきげんの一日でした。
八幡平の頂上直下まで続く車道は便利で快適ですが、自然破壊の最たるもの。
環境意識の高まっている今だったら絶対に建設できない代物でしょうね。
しかし、残雪や高山植物を間近に見られてよろこぶ年老いた父親の顔をみると複雑な気持ちになります。

利便性と環境との調和をどのようにはかっていくか。
今も昔も本当に難しいテーマです。


004r


005_2


006


007


008


|

« カメラのヒヤリハット | Main | 房総山中での救助訓練 »