« 久しぶりに室内壁へ | Main | 降水確率 »

2008.05.18

奥多摩・高水三山で新緑のシャワーを浴びる

Takamizu05

前夜の飲み会でビールばかりを飲んでいたのが災いしてか、朝から下痢気味です。
イカリソウやシュンランの姿をもとめて久しぶりに中央沿線秋山川左岸の低山を訪れる予定でしたが、お腹の刺すような痛みに耐えかねて途中下車してトイレに直行。(苦笑)

なんともしまらない話になりましたが、おかげで甲府行きの電車に乗り遅れてしまい、やむなく目的地の変更を余儀なくされました。
同行の娘からは大ブーイングです。

Takamizu03地図がなくても歩ける山ということで、奥多摩の高水三山に方向転換しました。
装備は十分ですが、地図がないとたとえポピュラーな山域であってもやはり不安ですね。
その点、高水山周辺は40年来歩き親しんでいる山域なので少しは安心です。

5月のこの時期はどこの山を訪れても目にしみるような新緑のシャワーが降り注いでくれます。
ここ高水三山でも鮮やかな新緑が私たちをむかえてくれました。
高水山の山頂付近にある常福院の境内も杉の深い緑と対照的に広葉樹のまぶしい新緑が目にとびこんできます。

三山の最高峰である岩茸石山の山頂からは、北に棒ノ折山方面に続く尾根筋が緑の濃淡のコントラストを描いていて春霞の中にうかんでいました。

Takamizu06春の山野草の姿に乏しいのが残念でしたが、それでも盛りを過ぎたヤマツツジをはじめとしてタツナミソウやチゴユリ、ノイチゴなどの花が私たちをむかえてくれました。

来週からは岩登りモードに切り替えなくては。
雪山から岩登りのシーズン切り替えのほんのわずかな期間でしたが、山野草鑑賞のハイキングができたことに感謝しながら下山の途につきました。

|

« 久しぶりに室内壁へ | Main | 降水確率 »