« 東京からもっとも近い3000m峰に挑む | Main | 奥多摩・高水三山で新緑のシャワーを浴びる »

2008.05.11

久しぶりに室内壁へ

R0011313s


娘と二人で花のトレッキング山行を計画していましたが、あいにく朝からの雨で中止に。
とはいえ一日中家の中にいるのはもったいないので、久しぶりに室内壁に出かけてきました。

東京にある室内壁に出かけるのは5年ぶり位かも知れません。
会員証もなくしてしまい、105円也を支払って再交付を受けました。

今日は雨なので室内壁は混むだろうな、とは思っていましたがまさかここまで大混みだとは・・。
まさに芋を洗うがごとしの大盛況ぶりにびっくり。
さらには室内がリニューアルされボルダリング壁が2階にも設けられるなど、インドアクライミングの人気の広がりぶりがよくわかりました。

私たちが登っている最中もひっきりなしに初体験のお客さんたちが訪れていました。
その都度、お店のスタッフが4~5人ずつのお客さん達にビレイ器具の使い方や基礎的なクライミングレッスンをほどこしています。
そのほとんどは若い人たちです。とくに女性の姿が多く目立ちました。
これからは服装にも気を遣わないとね。オジサンたちはステテコで行かないように!

「岩登り」がクライミングと呼ばれるようになり、「ザイル」がロープと普通に呼ぶようになってから久しいですが、インドアのクライミングがスポーツクライミングとして独自の発展を遂げるようになってすでに相当な年月が経過しています。
岩登りが、ただ危険なだけのネクラな行為だと思われていたことを思えばまさに隔世の感がします。

R0011315sそれでも、ふだん横に移動する人間が縦に移動する遊びがクライミングですから、室内壁であっても事故にだけは要注意です。
このジムでもお客さんのちょっとした行為にもお店のスタッフが鋭い目を光らせていました。
たとえば、ボルダリングのマット内に裸足で入るとか、ボルダリングの壁一面で誰かが登っている時は同時に登らせないとか・・・
安全に楽しく過ごしてもらうための努力が伝わってきて好感がもてました。
そして、一見安全に見えるようでも思いがけないところに危険因子が潜んでいるんだなあと私自身改めて感じたりもしました。

さて、久しぶりに登ったインドアクライミングの成果は?
父娘ともどもドタバタクライミングでお恥ずかしいかぎりでした。
娘の方も親の遺伝をしっかり受け継いでいるせいで、クライミングセンスはどうも・・・

やっぱりカメラを片手に花のトレッキングをやっていた方がずっと似合う父娘でした。

|

« 東京からもっとも近い3000m峰に挑む | Main | 奥多摩・高水三山で新緑のシャワーを浴びる »