« 降水確率 | Main | クライミングに潜む危険 »

2008.05.27

75歳

といえば、後期高齢者医療保険問題で大注目の年齢です。
その75歳で世界最高峰に登頂したのがプロスキーヤーの三浦雄一郞さん。
ご本人は「後期」ならぬ「元気」高齢者と言っているそうですが。(笑)

心臓病を克服してのたいへんな努力には敬意を表します。
ガイド・公募登山隊の隆盛で一年間に500人、一日に20人もの登山者が登頂することもあるというエベレスト。
とはいえ、登頂するのは生身の人間に変わりはありません。
ましてや75歳という高齢での登頂には人には言えない苦労や悩みがあったことは容易に想像できます。

18歳も年下の私ですが、肩が痛いの腰が悪いのと言ってはいられなくなりました。
こういう元気なおじいちゃんが日本中にはたくさんいるんでしょうね。

ただ、ひとつだけ気になる記事が・・
新聞報道によれば、今回のプロジェクトに対して三浦さんは2005年からスポンサーの支援など約2億円を集めたとか。
標高6500メートル相当の低酸素状態を作り出すトレーニング室を自分の事務所に設けたりできるのも豊富な資金がなせる業なのかもしれません。

お金のないひがみから言うわけではありませんが、もう少し安くは行けなかったのか。
三浦さんが登頂した前日に世界最高齢で登頂に成功した76歳のネパール人登山者や昨年71歳で登頂した長野の柳沢さんたちの登山費用はどのぐらいかかったのでしょうか?

それはさておき、75歳の「後期高齢者」が最高峰に立ったという事実は消えません。
ここは素直に賞賛をおくりたいですね。

|

« 降水確率 | Main | クライミングに潜む危険 »