« March 2008 | Main | May 2008 »

2008.04.27

お見合い制度

Hiwada02肩を痛めて久しいのですが、本当に久しぶりに埼玉県内のゲレンデで岩登りに興じました。

久しぶりにクライミングをしたのには理由(わけ)があります。
私の所属する会に入会を希望する方が現れたからです。
入会を希望する方と一緒に山に登ったりクライミングを楽しんだりして、当会のこと、当会の人をより深く知ってもらいたいからです。

Hiwada01当会は「お見合い制度」をとっています。
入会を希望する人がいる場合、すぐに会にお迎えするのではなく、3ヶ月から半年間をかけてお互いに山に出かけたり、例会に参加してもらったりして、会のメンバーの人となりを理解してもらいます。

そのうえで、「この人達となら・・」「この人なら・・」とお互いのあうんの呼吸のなかで気持ちが通じ合ったときにお迎えしています。
というと、何やら奥ゆかしい制度ではありますが、内実は入会希望者が会のメンバーの品定めをする場でもあります。

Hiwada03アルコールが入ると馬脚を現して、その結果希望者の方からやんわりとお断りをされたケースもありますし。(笑)

まあ、そういうことも含めて当会の「お見合い制度」はたいへん良くできた制度だと思っています。

|

2008.04.20

谷川岳・西黒尾根を歩く

R0011216

北京オリンピックに派遣される日本の水泳代表が決まりました。
テレビで放映されていた代表選考レースは見応えがありましたね。
選考基準は単純明快。
五輪派遣標準記録を突破しての2着以内の選手のみが北京オリンピックの水泳代表に選ばれるのですから。
テレビのレースシーンではCGでプールに黄色(五輪派遣標準記録)と赤色(日本記録)のラインが表示されるのでどの選手が記録を突破したのかすぐにわかります。

R0011219s

また、前回大会のメダリストなど過去にどんなに素晴らしい実績をあげていたとしても、この選考レースで標準記録を突破しての2着以内にならなければ代表から外れてしまう、というガチンコ勝負が観る者を強く引きつけ、大きな感動を与えてくれました。

山の世界でもこうした客観的な指標があっても良いと思います。
いまでも山の世界で幅をきかせているのは、残念ながら「過去の実績」ですね。

R0011222s

たしかに過去の実績=経験値を積み重ねることは大切なことですが、なによりも重要な指標は現在の力だと思うのです。
とくに中高年世代では、現在の自分の力を正確かつ客観的につかんでおくことはとても大切な事だと思っています。

今日登ってきた谷川岳・西黒尾根は過去何度もトレースした経験がありますが、確実に登高時間が増えてきています。
かつては4月の谷川岳なら4時間で登り切ったものが、最近は5時間近くもかかります。
遅くともせめて5時間以内で登れる体力とスピードはこれからも維持していきたいものです。
スピードは安全登山に直結しますから。

R0011224s

最近は、年末登山前の12月中旬と5月連休前の4月中旬の年2回、西黒尾根を訪れています。
雪のある時期、西黒尾根からの谷川岳登山は、私たちの会にとっては格好のテストピースとなってくれています。
自らの体力・スピードを客観的にとらえるために、これからもこの尾根を登り続けていきたいと思っています。

|

2008.04.13

鉄五郎新道と丹三郎尾根

R0011169s4月は転勤シーズン。
私も3年ぶりに転勤しました。
そんな異動のゴタゴタと持病の腰痛がぶり返したこともあり、しばらく山歩きはしていませんでしたが、腰痛の方も少しずつ治まってきたので久しぶりにハイキングに出かけることにしました。

ネットで検索していたら、奥多摩の大塚山をめぐるコースの中に「鉄五郎新道」なるマイナーなコースがあることを発見。
さっそく調べてみると、4月のこの時期にはイワウチワの群生がみられるということがわかりました。
それならば、と文字どおり重い腰をあげて出かけてみた次第です。

R0011178_edited1sコースは鉄五郎新道を登路にとり下山路は丹三郎尾根にとります。
鉄五郎さんと丹三郎さんの競演です。
たぶん両方とも人の名前なのでしょうね。
どんな人だったのか興味がわきます。

それはさておいて、お目当てのイワウチワはというと・・
うーむ。
想像していたよりもすばらしい群生に思わず得した気分にひたることができました。
白くかすかに薄いピンク色の可憐な花が群生していました。

R0011195sイワウチワのついでにカタクリの群生地にも立ち寄りましたが、こちらは一週間ほど早く、一斉開花はこれからといったところでしょうか。
それでも、そこここに濃いピンクの花々が咲きほこり、早春の低山をいろどってくれていました。


ミツバツツジは今が見頃。
これから5月初旬にかけて奥多摩の山々は春本番をむかえます。


R0011164_edited1s


ハイキングのくわしい記録はこちら

|

« March 2008 | Main | May 2008 »