« 「死ねば介護の母困る」 吾妻連峰遭難に思う | Main | スノーシューで奥日光 »

2008.01.20

eTrex の新機種を使ってみました

R0010693sハンディGPSのベーシックタイプであるガーミン社の「eTrex」。
eTrexを購入してから4年近くの月日が経ちました。

いろいろな山に持っていき、現在位置の測定や目的地までの方向・距離の割り出し、さらには下山地点までのナビなどに活躍してくれました。
ただ、電源ONしてから衛星からの電波を受信して実際に使えるようになるまでに何分間かのロスがあること、そして、樹林帯での受信時にトラック(軌跡)が途切れることがあることなどが不満といえば不満な点でした。


R0010695seTrexの新機種「eTrex H」は、これら従来機の弱点を克服しています。
受信感度は大幅に向上しています。
今まで受信できなかった山林中でも受信可能範囲が広がっています。
また、軌跡ポイント数が従来機種の1,536ポイントから10,000ポイントに大幅に向上しました。その結果、途中で上書きされる懸念は大幅に解消されています。

とりあえずWAASにも対応したし、表面上は良いことずくめなのですが、ひとつだけ問題が。
受信感度の向上の代償として消費電流が大きくなり、電池の持ち時間が従来機種の単三アルカリで22時間から新機種「H」は17時間と減少してしまったことです。

感度をとるか、電池の持ちをとるか。
むずかしい選択ですが、電池はエネループや低温に強い単三リチウムを使うことにして「山中での受信感度」をとることにしました。

その結果が、写真とマップのとおりです。
上の写真は屋内で電源ONしてから約1分後です。
従来機はまだ衛星を探していますが、右側の「eTrex H」はとりあえず衛星を4個受信完了しています。
さらに1分後、左側の従来機はギブアップしたのに対して、「eTrex H」は屋内でありながら8個の衛星を捉えることに成功しています。

Sarugi_map25000左のマップは、先日歩いた奥多摩のサルギ尾根のものです。
ずっと樹林帯下での歩きが続きましたが、軌跡は途切れることなく続いてくれました。
軌跡ポイント数の合計は、2,183個でした。従来機では1,536個を超える軌跡ログはスタート地点から上書きされてしまいますがそれも杞憂でした。

価格は従来機(eTrex)よりも少し上がりましたが、それでも¥17,900 は、最近の高機能版ハンディGPSに比べてお値打ち価格だと思います。

ちなみに奥多摩・サルギ尾根の記録はこちら

|

« 「死ねば介護の母困る」 吾妻連峰遭難に思う | Main | スノーシューで奥日光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「死ねば介護の母困る」 吾妻連峰遭難に思う | Main | スノーシューで奥日光 »