« シート梱包 | Main | 新年は高川山で »

2007.12.24

懸垂下降時のロープ結束方法

肩の故障で、ここのところクライミングはご無沙汰というかご法度状態が続いています。
空白期間が長く続くとクライミングに関する興味も薄くなってきて、安全に関する最新の情報にも疎くなってきます。
これはとても危険な兆候です。

クライミングからは遠ざかっていても、レスキューの現場には少しばかり関わっている者として、安全に関する情報収集は怠りなくしなければなあ、と思っていた矢先に懸垂下降でのロープ結束について気になる記事を見つけました。

私たちの会の場合、懸垂下降時のロープ結束方法としては、従来はダブルフィッシャーマンノットを使用していました。
その後、フィギアエイトノットの方がコブが小さくなり回収しやすい、ということで結束法を切り替えて現在はフィギアエイトノット(束ねる方法)を常用しています。
ところが、フィギアエイトノットによってほどける事故が起きていたのですね。
『・・・フリップ(負荷による結び目の末端方向への突然のズレ)現象が他のノットに比べて低い負荷で起き、条件次第では30から50 kgF という人間の体重より低い負荷でも発生しうる、またズレの量も非常に大きいことが実験的に確認されている、・・・』
ということで、UIAA等でもフィギアエイトノットを使用しないように呼びかけているとのことでした。
この情報がよせられたのが2004年9月のことですから私も迂闊でした。

うーん。
今やフィギアエイトノットに慣れ親しんだ身にとっては、結束方法の再変更は辛いものがあります。
しかし、危険性が高いのなら、変更しなければなりません。
この点で情報をお持ちの方がいらっしゃればコメントお願いします。

|

« シート梱包 | Main | 新年は高川山で »

Comments

はじめまして、Canard といいます。私も、一昨シーズン前まではフィギュアエイトを結んでおりましたが、あるとき結び目がひっくり返ったことがありました。講習会から帰った知り合いのガイドに尋ねたところ、結びが解け1件の墜落事故が報告されている(’03 ヨーロッパ)、とのことでした。これを受け、ENSAではダブルオーバーハンドノットを奨励しているそうです。結び方は束ねた二本のロープを一重結びにし、できた結び目の直後でもう一度一重結びを作ります。いたって簡単です。結び方はフィギュアエイトに似てるので、それほど違和感はないのではないでしょうか。その他、懸垂下降のロープ結束については、R&S No.035号の長岡健一氏の書かれている、生と死の分岐点Vol.1にやや詳しく載っています。ご参照ください。 

Posted by: ムッシュ・カナ-ル | 2007.12.29 10:08 PM

Canardさん こんにちは

Nobです。
コメントありがとうございました。

やはり墜落事故が報告されていたのですか。
個人的には、フィギアエイトの末端長を十分に出しておけば大丈夫なのでは?とも思っていましたが、実際に事故事例があるのでしたら、使わない方がいいですね。

オーバーハンドノットでは抵抗がありましたが、二重にすれば安心感は格段に向上するので、私も機会をみつけてダブルオーバーハンドノットを試してみます。
情報をどうもありがとうございました。

Posted by: Nob | 2007.12.30 03:47 PM

岳です。
新年、おめでとうございます。
ご無沙汰しています。

私は、ロープの接続処理は名称不明ですがフィッシャーマンでもエイトノットでもない方法を使って”いました”。
間違えると確実にほどける結束方法です。
なので、結ぶときは間違えないように確認し、かつ末端処理は確実に行います。
基本的に末端処理すれば大丈夫という認識なのですが、どうなのでしょう?回収を考えると、ダブル・フィッシャーマンは面倒な感じもしますが...

Posted by: | 2008.01.02 11:38 PM

岳さん
明けましておめでとうございます。
バイクツーリングでの山行は続けていらっしゃいますか?

さて、懸垂下降での結束方法についてコメントをいただき、ありがとうございました。

私も岳さんが言われるとおり末端処理を十分に行っていればほどける事故は防げると思っています。
ただし、末端処理はあくまでもバックアップなのであって、やはり本筋の結束法で確実な方法があれば先ずそちらを優先したいと思っています。
これまで大丈夫と思っていたエイトノットに問題(事故例)があればこれを改めるしかないと考えています。

岳さん仰るとおり、ダブルフィッシャーマンは確実ですが、たしかに回収の時に面倒ですよね。
Canardさんが書いておられましたが、今は私もオーバーハンドノットをダブルにした方法を検討中です。

Posted by: Nob | 2008.01.03 10:27 AM

岳です。

リーフノット(スクエアノット?)という結び方を使っていたことが判明しました。
リーフノットは、結び方を逆にすると簡単に抜けてしまう欠点があります。
ですが(あくまで)間違えなければ抜けることはなく、(力が加わると)互いを締め合うので、この結び方を教わりました。
ただ、Nobさんの指摘の通り、保険である末端処理は確実に行うよう指導され癖付けられています。
リーフノットでググれば、写真つきの解説が幾つかWebにアップされています。

Posted by: | 2008.01.03 10:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シート梱包 | Main | 新年は高川山で »