« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.27

定本 北八ッ彷徨

">定本 北八ッ彷徨
今日は朝から一日雨。
雨の日は何もしないでじっくりと山の本を読むのがいい。
雨音を聞きながら読む本には山口耀久氏の「北八ッ彷徨」などは最高です。

今夏、ひょんなことから娘と一泊二日の北八ツの山旅をたのしみました。
久しぶりにあるいた北八ツの苔のやわらかな感触が忘れられずに「北八ッ彷徨」を再読しました。

題名にもなっている「北八ッ彷徨」自体は22ページの短編です。
短い文章ながら、何ものにも縛られない著者のみずみずしい感性が文章全体に溢れています。
ほんのちいさな事象にも目をとめて、ゆたかな観察眼で文章にしるす力には脱帽します。

それにしても著者が北八ツをこよなく愛し彷徨した時期は1950年代。
その頃の北八ヶ岳にはほとんど人が入らない状況だったことは本書から容易に想像できます。

11の短編で構成されている本書に共通するキーワードは?
焚き火、無数の星空、鉈目、探検、・・・でしょうか
どれも今の北八ツではなかなか体験できないものばかりです。
焚き火は禁止となり、無数の星空はナイタースキー場で消え、鉈目は赤テープに変わり、探検する余地はなくなりましたから。
パイオニアとしての特権なのかも知れませんが、なんとも羨ましい体験の数々です。

ところで、森林高地としての北八ツ主稜部だけでなく、佐久側に果てしなく広がる山麓にも著者の目はやさしく注がれています。
本書に「美しい山村集落」としてえがかれている五箇(ごか)集落が現在どのように変貌しているのかも興味深いものです。
北八ツ黎明期、森の高地の物語を貴方もぜひ心の中で想いえがいてみてください。

| | Comments (0)

2007.10.21

天覧山の岩場にて

Img_1396天覧山の岩場でウィンチの操作練習を行いました。
11月4日に救助隊の訓練があり、この主管団体を引き受けた関係で実際の岩場での操作に習熟しておくためです。

ウィンチを使った引き上げ操作は一度だけ見学していましたが、見るとやるのとでは大違い。
実際の岩場はデコボコしているので、ウィンチを固定するためにはボルトや立木にスリングを巻き付けて固定する必要があります。
この下準備をおろそかにするとウィンチがグラグラ不安定になってしまい、最適な引き上げ力が得られません。
なかなかむずかしいものです。

Img_1365引き上げの基本操作には三分の一法を使用しましたが、最初はどうしても混乱してしまいます。
さらにはレスキューハーネスやグレゴリーレスキューザックの組み立ても反復練習しました。

秋らしいさわやかな青空が広がる一日を地道な救助訓練に使うのは正直のところもったいない気もしますが、主管団体として運営を頼まれたからにはやるっきゃないですね。

紅葉前線も着実に南下、そして山頂部から山麓へと下りてきているようです。
目に鮮やかな錦秋の山々を思う存分歩いてみたいものです。

| | Comments (0)

2007.10.15

合同搬出訓練に参加して

P1030228s初めて一都三県合同の搬出訓練に参加しました。

各県の救助隊メンバーが谷川岳山麓に集合して、東黒沢を舞台にして行われた訓練は内容も充実していて、私にとって相当な刺激となったことはたしかです。

P1030236s想定は、東黒沢溯行を行ったと思われる行方不明単独者の捜索および搬出活動ですが、今回は一連の搬出動作を確認するため、要救助者の位置をあらかじめ設定して行いました。
また、組織レスキュー(現地本部/捜索班[1次/2次]/通信班)としての連携確認も行いました。

故障モチの小屋番子はレスキューの花形である捜索班には入れないので、現地本部で無線と各班の現在位置をGPSにより把握する作業のお手伝いをしました。
現地本部の仕事も初体験でしたが、なかなか勉強になります。
P1030223s尾根上に待機中の通信班を介して、沢で行動中の1次捜索班(捜索と負傷者梱包、搬出)と2次捜索班(資機材搬入と搬出応援)に的確な指示と情報を流すという作業も、実際にやってみるとなかなかむずかしいものです。

それにしても大変なのは捜索班です。
二日目の後半に今後の勉強のためにと、「ハナゲの滝」の上まで見学のために登らせてもらいました。
負傷者(今回は土のう)をシート梱包して、スケットと呼ばれるレスキュー用のストレッチャーにのせてから沢身を出合まで搬出さる作業は見ているだけで疲れがどっときます。(もちろん、作業しているメンバーはもっと大変!)
負傷者の安全を最優先させながらの沢の下降は考えているよりもずっとたいへんな作業でした。
P1030238sハナゲの滝は落差こそ20m程度しかありませんが、長さはゆうに100mはある長大なナメ滝です。
その大滝に支点工作を施し、100mスタティックロープをセットしての搬出作業、また手作業で運べない箇所ではチロリアンブリッジをセットしての空中搬出も行わなければなりません。

ひとつの小滝を通過させるだけですぐに30分、1時間という時があっという間にすぎていきます。
訓練の舞台となった東黒沢は傾斜もゆるく沢も明るく開けているので普通なら短時間で抜けられる易しい沢といえますが、いざ負傷者を搬出するとなると下降に丸一日を要する非常に困難な状況になってしまいます。

P1030242sこれら捜索班の活動も大変でしたが、尾根上にじっと待機して捜索班と現地本部を中継する役目の通信班も、地味ながらとても重要な役割をになってくれました。

数多くの役割を総合的に発揮してはじめて一人の負傷者を安全に下ろすことができるわけで、今回これら一連の作業を現地本部と搬出現場で目の当たりにできたのはラッキーだったかもしれません。

P1030248sしかし、肩の故障が本当に悔やまれます。
本来なら捜索班で実際の搬出作業を経験したかった、というのが本音です。
内心忸怩たる思いもあった今回の合同訓練。
刺激と悔いとが入り交じったちょっと複雑な気持ちもありますが、でも思い切って参加してよかったと心からおもえた二日間でした。

| | Comments (0)

2007.10.08

色づきはじめた那須連山

071007nasu04

40年間の山歩きの中で、いちばん歩いた山域はどこかと尋ねられれば、たぶん「那須連山」とこたえると思います。

この山々に最初に登ったのは、私がまだ山歩きを始めるずっと前の小学校4年生の夏でした。
兄に連れられて高雄温泉から牛ヶ首を経て茶臼岳に登りました。
071007nasu03バテバテでしかも、火山の噴煙と硫黄の臭気が怖くて、泣きじゃくりながらの情けない登山事始めでした。
頂上に着いたら一歩も動けなくて、中学生だった兄を困らせた思い出があります。

いまでも盛大に噴煙を上げている無間地獄とよばれている爆裂火口は、今よりも激しく噴出していた記憶があるのですが、それは幼い頃の恐怖心から誇大に感じていたのかもしれません。

071007nasu02高校に入り、山歩きを本格的に始めてからも年に二、三度は必ず訪れていますから通算すればけっこうな数になると思います。
そんな思い入れの深い那須連山ですが、「My favorite route」とも言えるのが今回(も)歩いたコースです。
峠の茶屋駐車場に車をおいて、峰の茶屋に至り、朝日岳から熊見曽根をへて隠居倉に登りかえし、三斗小屋ノ湯に下ります。三斗小屋から沼原方面の分岐をへて姥ヶ平に登り、そこから牛ヶ首をへて峰の茶屋にもどり、出発点である峠の茶屋駐車場に帰着するミニ周回ルートです。

071007nasu01気分の良いときやお天気をみて、これに三本槍岳往復を加えたり、さらには大峠を経由して三斗小屋にいたる大きな周回コースもお気に入りのコースです。

でも、那須のダイナミックな景観を堪能するのなら主脈縦走コースが楽しいですね。
大丸温泉をスタートして茶臼岳から朝日岳、三本槍岳、須立山と歩いて赤崩山の山裾を巻き、甲子山にいたる縦走コースは、ワンデイが可能な達成感満点の充実コースだと思います。

071007nasu05さて、前置きが長くなりましたが、今年の紅葉は例年にくらべてかなり遅れています。
8月、9月の高温がわざわいしたのでしょうか。稜線上でようやく色づきはじめた程度でした。
山稜を吹きぬける風にも夏の名残りを尻尾に残すようなあたたかさ感じられ、それがちょっと気になりました。

楽しみにしていた姥ヶ平の紅葉も今ひとつ。
叶うことなら来週末、もう一度訪れてみたい那須の秋でした。

071007nasu06【タイム】
峠の茶屋P(5:50)---峰の茶屋(6:24~40)---朝日岳(7:10~18)---隠居倉(7:59~8:04)---三斗小屋(8:38~48)---沼原分岐(9:04)---姥ヶ平(9:50~10:05)---牛ヶ首(10:31)---峰の茶屋(10:51~55)---峠の茶屋P(11:25)

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »