« 晩夏の北八ツを歩く | Main | 遠き雪嶺 »

2007.09.02

初秋の風を感じながら

070901kitatouhoku02異常に暑かった今年の夏でしたが、9月に入ったとたん季節は肌に心地よい涼風を運んでくれました。

さわやかな水しぶきに身をさらしていると肌寒ささえ感じる北東北。

いままで訪れる機会のなかった奥入瀬渓流から十和田湖、そして八甲田山麓を巡るミニ旅行に出かけてきました。

070901kitatouhoku03宿は八甲田山・高田大岳の登山基地である谷地温泉。
「日本三秘湯」の一つに数えられているそうな。
あとの二つは北海道と四国なので、金欠病の小屋番にとって全部制覇するのは至難の技ですが、木組みの浴槽の下から湧き出ている源泉はまさに「秘湯」の名に恥じません。

農家のおばちゃんとおぼしき団体さんがお国言葉でにぎやかに会話しているさまは何とも微笑ましいですね。
原則として混浴。
とはいえ、温泉ブームで若い女性も訪れるためか「女性専用浴場」もあるのでご安心を。

070901kitatouhoku01東北の秋はいいですね。
仕事柄、水田や畑の管理状況などに目がいきますが、田んぼの畔まできちんと手入れしている様は眺めていてとても気持ちが良いものです。
早場米の千葉ではすでに稲刈りが最盛期を迎えていますが、こちらは暑い夏の間に顔を出し始めた穂がすっかり出揃い傾き始めています。
いわゆる登熟期でしょうか。
これから成熟期をむかえてお彼岸の頃にはいよいよ稲刈りです。

一足先に秋の気配を感じてきた二日間でした。

|

« 晩夏の北八ツを歩く | Main | 遠き雪嶺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 晩夏の北八ツを歩く | Main | 遠き雪嶺 »