« クライマーズ・ボディ | Main | 色づきはじめた那須連山 »

2007.09.30

ウィンチの威力におどろく

070930rescue01救助隊による「救助用具の講習会」の日でしたが、あいにく朝から本降りでした。

「雨のため本日の講習会は中止します。」という知らせを内心期待していたのですが、そこは天下の救助隊です。
そうは問屋が卸してくれません。

「救助に雨も晴れもない!」といわれればそのとおりです。
内心はともかく、メンバーのだれひとり愚痴もこぼさずに時間どおり講習場所に集合したのは立派でした。

さて、レスキュー用ウィンチの存在はもちろん知っていましたが、今回見るのさわるのも初めての経験です。
まずは外観のシンプルさと予想外の軽さ(約10kgとか)におどろきました。
ウィンチの本体部分はボート用のものを転用しているとのこと。
070930rescue02それに、ブロッカー(ストッパー)とプーリー(滑車)の組み合わせで大小2とおりのギア比による引き上げ力が発生されるようになっています。

本体部分にロープを3回巻いてからハンドルを回すだけで200kg近い重量を大人一人で引き上げることができます。
チームレスキューには欠かせない最新兵器ですね。
こんなすごい装備がわが救助隊にあるとは知りませんでした。
これなら故障モチの私でも左手一本あれば助け上げることができます。(笑)

そのほか、レスキューハーネスの装着や1/4引き上げ法などの実演が行われました。
レスキューには覚えなければならないシステムや技術が目白押しです。

070930rescue03ひとつひとつやってみて感じることは、「事故はけっして起こしてはいけない」ということですね。
事故者もつらいでしょうが救助者も本当に大変です。

事故を少しでも減らすためには予防第一。
そして、万が一事故に遭ったときはセルフレスキューでどこまで安全圏に戻れるか。

できるだけ早期にチームレスキューにバトンタッチできる体制をつね日頃から意識しておく姿勢が必要だと強く感じました。

|

« クライマーズ・ボディ | Main | 色づきはじめた那須連山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クライマーズ・ボディ | Main | 色づきはじめた那須連山 »