« デジカメ購入 | Main | 真夏はやっぱり沢登り »

2007.08.14

窮鳥懐に入る

早朝、飼い犬のけたたましい鳴き声で目覚めました。
朝っぱらから近所迷惑なことですが、捨ててはおけないので犬のそばに行ってみたら・・・
なんと!鳩が羽根をバタバタさせながら苦しんでいるではありませんか。
どうやら羽根の付け根を怪我しているようです。

このままでは猫に食べられてしまうので、とにかく段ボール箱に入れて保護することにしました。
最初はドバトかな?と思ったのですが、よく見ると脚環が取り付けられています。
となると「伝書鳩」?
何百キロも離れた場所から自分の住処を目指して帰還する途中、事故に遭い力尽きて墜落したのでしょうか。
そう思うとすごく可哀想になってきました、

R0010060sさっそくネットで「伝書鳩」をキーワードにして検索をかけてみると・・・
日本には「日本伝書鳩協会」と「日本鳩レース協会」という2つの組織があることがわかりました。
脚環に付けてあるナンバーの記入方法によって各協会の所属がわかる仕組みになっています。
しかも、「迷い鳩」は結構多いらしく、専用のフリーダイヤルまで設置されていました。

さっそくフリーダイヤルに電話してみましたが、月曜の朝だったせいかお話し中が多くてなかなかつながりません。
それだけ迷い鳩の問い合わせが多いのかもしれません。

何回かかけてようやくつながりました。
やれやれ、と思ったのも束の間で、今度は協会本部で紹介してくれた支部担当者との連絡がつきません。
お盆休みで田舎にでも出かけているのでしょうか。

いやはや困りました。
鳩の飼育方法なんかわからないし、この陽気です。いつ体調が悪化して死んでしまうかわかりません。
また我が家は猫の散歩の通り道にもなっているので、いつ食べられてしまうかも心配です。
こういう場合、保護した側にも管理責任が生じるのでしょうか。

R0010067s保護して3日が経ちましたが、今のところ元気でいてくれています。
毎日水と餌(コメ粒)を与えています。
名前がないと不便なので、とりあえず「peace=ピース」と名付けました。
もちろん、「鳩=平和」の象徴からの平凡なネーミングですが。

カミサンや娘からは完全に呆れられています。
彼らは「あなたって本当に人が善いのねー。公園にでも放してきたら? ああいう鳩は自力で立ち直るものよ」などと根拠のないことを平気で言い放ちます。

なにも敷地面積わずか40坪の我が家に墜落しなくてもいいのになあ。
もっと広い庭の家に墜ちてくれれば良かったのに、とグチを言っても始まりませんが、ピースちゃんの飼い主が早く現れないと私が夏休みをとれないことになってしまいます。
困ったー。どこにも出かけられないよー。

|

« デジカメ購入 | Main | 真夏はやっぱり沢登り »

Comments

あれれ・・・てっきり剣か穂高に行っていると思っていたのですが、鳩の世話してましたか。これは、夏山は控えておとなしく家族サービスしなさい!という神のお告げですね。鳩を捨てて山に出かけると・・・

Posted by: おじん堂 | 2007.08.14 02:40 PM

ご指摘のとおり、今年の夏山は家にいます。
肩と腰の具合がイマイチで・・・
もう無理はしない、というかできませんね。
鳩の世話もあることだし。(苦笑)

Posted by: Nob | 2007.08.14 05:32 PM

>このままでは猫に食べられてしまうので

くっくっくっくっくっ!
って鳩の鳴き声ではありません。笑っているのです。
アニキんちの近くの猫は鳩食うですか?
凄い野良猫っすねー

それにしても相変わらず優しいっすねー
飼い主見付からなかったら鳩小屋作ってあげて下さい

ピースちゃんにヨロシクですよー

Posted by: m3nb | 2007.08.15 03:58 AM

あらま・・山行ってないのはNobさんだけじゃないのですか。ひょっとしたら岳樺の夏山合宿は中止なのかな。

Posted by: おじん堂 | 2007.08.15 11:49 AM

おかげさまでピースちゃんは無事に飼い主の元へ帰っていきました。
我が家から10kmほど離れた隣町の方でした。

なんか寂しかったなあ。
名前まで付けたのにー。
でも、お土産までいただいちゃいました。

それにしても、連絡をとるのが大変でした。
メールが使えないので。
伝書鳩レースの愛好者の皆様って、アマチュア無線愛好者や登山愛好者の皆さん同様に高齢の方々が多いようですねぇ。

Posted by: Nob | 2007.08.15 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デジカメ購入 | Main | 真夏はやっぱり沢登り »