« CPRとAED | Main | 花咲き乱れる天狗尾根 »

2007.07.22

蜂の一撃にびっくり

P1030182s関東の梅雨明けはまだですが、蒸し暑い日々に耐えかねて久しぶりに沢登りに出かけました。
場所は丹沢・モミソ沢です。
出合に「懸垂岩」という高さ15mほどのロックゲレンデがあるため、岩半分、沢半分という楽しみ方ができるユニークな沢です。

私も20数年ぶりでモミソの懸垂岩に取り付いてみました。
かつてはろくにピンもありませんでしたが、今では要所要所にペツルのハンガーが打たれており、かなり安全な岩場に変身していました。
とはいえ、終了点にある大きな木は今でも健在で、あいかわらず懸垂用のロープがぐるぐると巻かれていました。

モミソ沢に入渓する前に懸垂岩に触れるのはお決まりの儀式のようなものです。
かつて若い頃にはこの岩が目的で訪れたこともありました。

沢用のフェルト底の靴で岩登りをするのも妙に新鮮でよかったです。
が、ふだん乾いた岩場でフラットソールのクライミングシューズで登っているため、勝手違いでだいぶ危なっかしいクライミングになってしまいました。

P1030184_filteredsさて、終了点にある木の根元にアシナガバチの巣があることを知らずにトップロープ用の支点を作ってしまいました。
赤いロープがくるくると揺れるのが面白くないアシナガバチ君。
そうとは知らずに支点の回収作業に集中していた小屋番子。
左の腕にいきなり一刺しされました。「痛っ!」

びっくりした小屋番子。
しかし、ここで慌てたら15m下の地面に墜落してしまうので、落ち着いて落ち着いて・・
なんとか懸垂下降で難を逃れましたが、ズキズキと痛みは増すばかりです。
幸い近くにいたガイド氏が知り合いだったので薬を分けてもらいました。

このあと、モミソ沢の溯行を開始しましたが、腕の痛みが気になってモチベーションがイマイチ上がりませんでした。
外傷に備えて三角巾や滅菌ガーゼ類は用意していたのですが、虫さされの薬は持参していませんでした。
これも反省材料のひとつです。
ああ、いつになったら若葉マークがとれるのでしょうか。

沢登りの記録はこちら

|

« CPRとAED | Main | 花咲き乱れる天狗尾根 »

Comments

ご愁傷様です。ハチはいけません。何度も同じハチに刺されるとショック症状が出るようになります。何度目でショック症状が起こるかわかりませんから、山中でそーなったらアウトです。

自分もハチには何度か刺されたことがあるので、次に刺されたら危ないかも・・・とビビっています。

Posted by: おじん堂 | 2007.07.23 09:47 AM

そういえば、子どもの頃刺されたハチも同じアシナガバチでした。
2回刺されたので、次回は・・・
怖っ!

それにしても、ハチの被害は初秋と相場が決まっていたはずなのに。
ツイてないなあ。

Posted by: Nob | 2007.07.23 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« CPRとAED | Main | 花咲き乱れる天狗尾根 »