« 藤坂ロックガーデン | Main | 富士山 懸命の除雪 »

2007.06.24

雨もまたよし 川乗山

070624kawanori01予定では八ヶ岳のバリエーションルートに出かけることになっていましたが、雨模様の予報に早々と中止の判断を下してしまいました。

すると予報は大きく外れて土曜日は朝からの好天にがっかり。

ならば、せめて奥多摩にと、私にとっては高校時代以来、久しぶりに川乗山を訪れました。
久しぶりといっても39年ぶりですからまったく記憶にありません。
高校の頃は、たしか「川苔山」と呼んでいた山でしたが、今は「川乗山」と書く方がポピュラーなようです。

登路にとった赤杭尾根も懐かしい尾根道です。
長い尾根なので登りにつかう人よりも下山路にとるハイカーがほとんどです。そのせいか、静かな登りを楽しむことができました。

昼前から雨がポツリポツリ・・
標高1000mを越える頃からは風も出てきて雨足も強くなってきました。
久しぶりに雨具を羽織りました。

070624kawanori03雨には祟られてしまいましたが、時折尾根の樹幹越しに見える奥多摩主脈の山々や足下に咲く山野草に慰められながらのハイキングもなかなか良いものです。

いよいよ梅雨本番なのでしょうか。


070624kawanori04

|

« 藤坂ロックガーデン | Main | 富士山 懸命の除雪 »

Comments

こんにちは。クライマーズが雨の中をハイキングとは珍しいですね。
雨の山行でふと思い出したこと。若い頃、山で雨が降ったときに、衣服が濡れるのを防ぐために全部脱いでビニル袋に収納して、裸にレインコートを着て歩いた。かなり正解かも。

Posted by: おじん堂 | 2007.06.27 12:06 PM

おじんさん こんにちは

> クライマーズが雨の中をハイキングとは珍しいですね。

いえ。
最近はクライミング三分のハイキング七分って感じですよ。
歩けなくなったら岩も登れませんから。


> 衣服が濡れるのを防ぐために全部脱いでビニル袋に収納して、裸にレインコートを着て歩いた。かなり正解かも。

ゴアテックスがない時代の悲しい思い出ですか。(笑)
たしかに、雨具を着ても内側からの汗で結局びしょびしょになったものです。
正解だったのでしょうね。

Posted by: Nob | 2007.06.27 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 藤坂ロックガーデン | Main | 富士山 懸命の除雪 »