« リード&フォロー | Main | GPSと友達になろう »

2007.05.16

北上線で、ほっとゆだ

070516kitakami03ほっとゆだ?
なんだそれ?

カミサンがインターネットで調べものをしていたのを横で見ていたら、聞き慣れない言葉が並んでいました。
秋田県にほど近い岩手県西部の湯田温泉峡にある駅名なんだそうです。

6000円で新幹線を含むJR東日本の電車が一日中乗り放題の切符を手に入れて、さっそく北上線にある「ほっとゆだ駅」を訪ねてみました。

070516kitakami01新幹線はやてを利用すると3時間足らずで北上駅に到着です。
ここから2両編成の北上線に乗り換えます。
新緑が目にまぶしい沿線は今が田植えの最盛期でした。のんびりと車窓の景色を楽しみながら、およそ45分ほどでほっとゆだ駅に着きました。

駅舎内には温泉があります。
さっそく入浴しました。
広い浴室内には3つの浴槽があり、やや熱めのお湯が長旅の疲れを癒してくれます。
面白いのは信号が浴室内にあって、青色・黄色・赤色で発車時刻までの時間がわかる仕掛けになっていました。

070516kitakami04お風呂から上がったらちょうどお昼時。
駅前の食事処で地元産の食材をふんだんに使った定食に舌鼓を打ちました。
平日の昼間ということもあり、静かでゆったりと時が流れていきます。

ふたたび北上線に乗り、北上市へ。
この町も時間が止まっているのではないかと思われるほど、静寂があたりを支配している感じでした。
タクシーの運転手さんもあくびをかみ殺していました。

駅にほど近い「みちのく民俗村」を訪れましたが、ここは穴場です。
北上地方に残されていた江戸時代から明治時代にかけての古民家を移築した野外博物館です。
070516kitakami05藩政時代の豪農の屋敷、豪雪地帯の農家など29棟が移築・復元されているそうですが、広い園内と豊かな樹林に囲まれているために、とてもゆったりとした配置でくつろぐことができました。

朝、千葉を発って日帰りの旅でしたが、文明の利器をフルに使ったおかげで時間にはけっこう余裕がありました。
まともに電車賃を払えば往復で2万7千円以上かかりますが、それが6000円で済んだのですからこれで文句を言ってはいけませんよね。
070516kitakami06

|

« リード&フォロー | Main | GPSと友達になろう »

Comments

こんにちは。温泉が気になる年頃ですね。
最近の雑誌やネットの山行記録を読むと、登山後温泉というパターンが多いようです。自分の場合、そんな呑気なことやってられるかっ!・・・と思っていましたが、最近になってETC通勤割引の時間調整のために温泉に寄ることを覚えました。車利用の山行だと自由ですからね。

Posted by: おじん堂 | 2007.05.17 07:26 AM

おじんさん こんにちは
たしかにETCの通勤割引は魅力ですよね。
100km以内という限定はありますが、日帰り登山ならだいたい100km圏内に納まるケースが多いので、私も利用しています。
温泉に入って、高速代が5割引になるんだから利用しない手はありませんよね。

Posted by: Nob | 2007.05.17 12:25 PM

>温泉に入って、高速代が5割引になるんだから利用しない手はありませんよね。

そーなんですよ。こちらから三重県方面に移動するときに通る高速道路にはサービスエリア(刈谷)に温泉があるので、時間調節には便利です。よって、冬は三重県方面が最適です。(最近になって初めてこのことに気がつきました。)

Posted by: おじん堂 | 2007.05.17 06:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リード&フォロー | Main | GPSと友達になろう »