« 今さらながら地球温暖化の防止を | Main | 春を探しに奥多摩へ »

2007.02.25

転ばぬ先の杖はあるか?

ここ2日ばかり寒い日が続きますね。

今日は私の所属する山岳会が加盟している県連盟の総会に出席してきました。
代議員としてあらためて周りを見回すと、私と同年配かそれ以上の年齢の方がほとんどです。
登山を楽しむものとして、この光景は心強いかぎりです。

R0010442s新聞をはじめとするメディアの論調などでは、中高年登山者が急激に増えて、遭難事故もそれに比例して増えている現状を憂えているものがほとんどです。
が、そもそも山に出かける若者が少ないのだから事故者の中で中高年登山者が占める割合が大きいのは当たり前といえば当たり前なんですよね。

それにしても、今日の総会の資料にあった各山岳会の平均年齢の高さには、中年小屋番子もびっくりでした。
会則で40歳以上しか入会できない当会の平均年齢が55歳なのはわかります。
したがって、当会はかなり高い方だろうなあ、と漠然と想像していたのですが、なんと!とんでもありません。

平均年齢67歳のM会を筆頭に、F会62.6歳、R会62.3歳、T会62歳、M会61歳、S会60歳・・と平均で60歳以上を誇る会が目白押しです。
今日の総会で、当会は「若手」の集まりだというのがよーくわかりました。(笑)
Jikohoukoku_1いやはや、中高年パワー恐るべしですね。
小屋番子も「肩が痛い」の、「腰が冷えて痔にさわる」のなどとは言っていられなくなりました。

それにしても、今日の総会資料にあった8件の事故報告のうち6件までが60歳以上の事故であり、それらの全件数が転倒または転・滑落であったという事実から、教訓をしっかりと学ぶことが必要だということを改めて痛感しました。

「転ばぬ先の杖」はあるか?

|

« 今さらながら地球温暖化の防止を | Main | 春を探しに奥多摩へ »

Comments

こんにちは。最近、腰を抜かしてヨレヨレでした。四つん這いでトイレに行っていましたが、二足歩行するためには家の中でも杖が必要でした。(三足歩行?)
・・ということで、四つん這いなら絶対に転びません。イザというときには、赤ん坊に戻ってハイハイするしかない。

Posted by: おじん堂 | 2007.02.27 10:28 AM

おじんさん こんにちは
あれ? おじんさんのブログによれば結構足繁く低山を歩いているじゃありませんかー。
四つん這いで山歩きをしてたわけじゃないでしょ?

Posted by: Nob | 2007.02.27 06:29 PM

最後の山歩きの日に腰抜けになったのですよ。その後はコルセットの日々。悲しい。

Posted by: おじん堂 | 2007.02.27 11:05 PM

こんにちは。
先週、大風呂敷を広げたとおり、カミサンと冬山登山しました。
カミサンが遭難しそうになったり、大変でした。(笑)

 ま、事実はお笑いですが…
それにしても、雪山を間近に眺めることが出来たのは、何よりの
安らぎになりました。
そして、新穂高ロープウエイが真冬に動いていて、且つ利用者も多かったことは少し驚きでした。
忠告どおり、頂上駅の回りをウロチョロしただけですが、それで十分でした。

Posted by: イワン・アサノヴィッチ | 2007.03.07 05:48 PM

イワン・アサノヴィッチさん こんにちは

穂高岳遠征お疲れさまでした。
山頂駅まででも立派なものです。
今冬は異常な寡雪です。
今回の冬景色を見ていつも同じだと思ったら大間違いですよ。
例年の今ごろは一年で最も雪の多い季節ですから。

でも、北アルプスの雪景色はいつ見てもいいですよね。
ああ。私も行きたいなー。

Posted by: Nob | 2007.03.07 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今さらながら地球温暖化の防止を | Main | 春を探しに奥多摩へ »