« あの写真が・・・ | Main | 量り売り »

2006.12.17

やはり暖冬? 今日の西黒尾根

Tanigawa03

久しぶりに雪山を楽しんできました。
西黒尾根からトマの耳に登頂後、天神尾根を下るコースです。

12月も半ばを過ぎたのに谷川岳では稜線の笹が顔を見せているほどの寡雪。
登路にとった西黒尾根は私たちを含めて4パーティー。
指導センターから登山口、登りきったところにある送電線鉄塔を過ぎても雪道にならないので焦りました。

Tanigawa02

高度を上げていくとようやく雪を踏みしめる道になり一安心です。
寡雪とはいえそこは豪雪で知られる谷川岳です。森林限界を越えると小規模ながら雪庇もできていました。

天候は稜線に出てもほとんど風がなく暑いくらいの陽気です。
ガスの切れ間から黒々とした岩肌を晒している東尾根や背後には白毛門の稜線もせり上がってきます。

Tanigawa04

先行パーティーが速度を落としたのを幸いにのんびりダラダラと歩いていたら、当会の天神尾根パーティーに追い越されてしまいました。
トマの耳には10分遅れで到着。何はともあれ無事に集中できたことに握手握手。

下りは5人全員で天神尾根を下ります。
天神尾根はガイドパーティーや雪訓の山岳会パーティーなどで登山者の列が途切れることなく続いています。
山頂から1時間半で天神平に到着。少雪のおかげで下半部は夏道を辿ることができ、時間を短縮できました。

Tanigawa05

さあ、いよいよ年末の八ヶ岳山行まであと2週間足らずです。
お天気に恵まれるといいですね。

【参考コースタイム】
指導センター(6:00)~登山口(6:10)~西黒尾根~トマの耳(10:50~11:00)~天神平(12:30)

|

« あの写真が・・・ | Main | 量り売り »

Comments

あれれ・・いつの間にか雪山になってますね。ぼけーっとしていると、知らない間に春になってしまいそうです。(実は暖かくなるのが待ち遠しい。)

Posted by: おじん堂 | 2006.12.18 05:31 PM

標高50mの山のレポートを書くおじんさんにとっては、雪はあんまりない方がいい?
あはは。冗談です。
でも、最近は箱根あたりまで足を伸ばしているのですね。
行動半径ははるかにおじんさんの方が広いです。

Posted by: Nob | 2006.12.18 05:37 PM

>標高50mの山のレポートを書くおじんさんにとっては、雪はあんまりない方がいい?

ぐぐっ・・・この冬は3000m峰・・・じゃなくて2000m峰くらいに登るぞ。

Posted by: おじん堂 | 2006.12.18 05:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あの写真が・・・ | Main | 量り売り »