« アイゼントレでリードを満喫 | Main | 雲海さんガンバ! »

2006.12.02

老いも若きも・・

061202tenran02s「アイゼンとお友達になる会」も予定どおり3回目を迎えました。

どういうわけか3回とも穏やかな晴天に恵まれて、それはそれで結構なことなのですがこんな良い天気に近郊の低山にアイゼントレというのも勿体ないなあ、という気持ちもちょっぴりというかかなりありますね。

いつもはガラガラの岩場ですが、さすがに師走の声を聞くと山岳会のアイゼントレでつかの間の賑わいになりました。

今日は13名の団体さんと一緒のクライミング。
皆さんアイゼンの爪音を山間にこだまして熱心にトレーニングをしていました。
幅10~12m、高さ7~8mしかない小さな岩場にロープが計5本も垂れる様は圧巻です。まさにスダレ状態でした。

そんな中、ふと脇を見るとファミリーでクライミングを楽しむ親子連れに遭遇。
お兄ちゃんと可愛い妹の二人が立派なヘルメットをかぶってお父さんやお母さんに見守られながらクライミングに挑戦していました。とっても微笑ましい光景でした。

大人にとってはわずか2~3mの壁ですが、小さな子供にとっては超えられないとても大きな壁。
壁にむかって泣きも入らずしっかりと上をめざして登るさまは私たちにも自然と勇気を与えてくれます。

もうすぐ65歳になる竜少年さん。
子ども達の姿に感動したのでしょうか、このあと難しい壁をアイゼン・手袋でいとも容易く登りきったのには後輩達から大きな拍手が。
老いも若きも無心に楽しむことができるのがクライミングの真髄なのですね。

さあ、山々に雪の便りも聞こえてきたので、仲良くなったアイゼンをつけて今度は「ピッケルとお友達になる会」です。


|

« アイゼントレでリードを満喫 | Main | 雲海さんガンバ! »

Comments

写真見て思い付きました。オムツ付ハーネスです。

老いも若きもオムツ付シットハーネスをどうぞ。ビビッて漏らしても安心。もちろん紙オムツは市販のもので交換可能です。

Posted by: おじん堂 | 2006.12.18 05:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイゼントレでリードを満喫 | Main | 雲海さんガンバ! »