« 姫川源流にて | Main | ある日の昼下がり »

2006.05.03

薫風の山  甲東・不老山

Hurou01車を使って山梨、長野の山々を訪れるとき、きまって休憩に立ち寄る場所が中央道・談合坂サービスエリアです。
談合坂SAの駐車スペースから北側を望むとき、すぐ目の前に大きく盛り上がって見える山がいつも気になっていました。
ある時、2万5千図で調べてみたら「不老山」という山名が記されていました。
連休中ずっと家にいるのも体に毒なので、この機会に思い切って訪ねてみることにしました。


Hurou02上野原駅からバスで不老下へ。
美しい山間の集落の中を歩きながら徐々に高度を上げていきます。
やがて山道に入り、植林の中をゆるやかに登っていきます。
尾根に上がったところにある金比羅様で一休み。丹沢から富士山にかけての展望が広がります。特に富士山は豊かな残雪をつけていました。

Hurou03尾根に沿って歩きやすい道が続きます。
道端にはタチツボスミレの可憐な花がそこここに咲いていました。

鮮やかな新緑が目に眩しいほどです。吹き抜ける風も心地よく、文字どおり「薫風の山」といったところでしょうか。

登りついた頂上からは南面を中心に展望が開けていました。
眼下には談合坂SAが箱庭のように見えます。SAに入る渋滞の車の列が豆粒のように連なっているのが見えました。
Hurou04頂上から見る富士山も裾野まで伸びやかに広がりを見せてくれています。標高839mという低山には思えない好展望に恵まれました。
時間をゆっくり使いながら地図読みのお勉強も欠かせません。

さて、不老山頂で少し早い昼食をおえた後は、お隣の高指山(911m)を目指しました。
大型連休のせいか近郊の低山に向かう人は少なく、新緑のみずみずしさに感嘆の声をあげながら、ゆったりと歩を進めていくことができました。

Hurou05高指山からは高丸を経て桑久保の集落に下山するコースをとりました。
植林帯の濃緑と雑木の新緑が織りなすコントラストが印象的です。
下るにつれて、辿ってきた不老山から高指山にかけての稜線が高くなり、とても立派に見えます。

Hurou07下りついた桑久保集落は南面に大きく開けた美しい集落です。まさに「桃源郷」とはこの集落のことか。
遠くに東丹沢主脈の山々が午後の逆光に輝いていました。

命の洗濯をさせてもらった気持ちよいハイキングでした。
同行のFさん、お世話になりました。

|

« 姫川源流にて | Main | ある日の昼下がり »