« チームレスキューを体験する | Main | 追悼 »

2006.04.23

一月後・・・

Rimg0046_edited1s
ひと月ぶりに再訪した大滝。

基部がデブリで埋まってしまったせいか、他を圧するような迫力はさすがに影をひそめましたが、垂直の氷の鎧は健在でした。

ふり返れば北アルプスの純白の連嶺が青空に浮かんで見えます。
あの時と同じように晴れわたった大空がどこまでも続いていました。

Rimg0051_edited1s
安全のために岩壁の基部に電動ドリルでRCCボルトを2個設置。
これで不安定な氷柱に自己確保をとらずにすみます。

また来週訪れるまで、氷の鎧は脱がずにいてほしい と心から念じながら下山の途につきました。

|

« チームレスキューを体験する | Main | 追悼 »