« 一月後・・・ | Main | 姫川源流にて »

2006.04.29

追悼

Tuitou02もう5月の声を聞こうというのに・・。
一週間ぶりの氷瀑は依然として健在でした。

今日は生前の彼女の姿を慕って、山の仲間たちがたくさん集まってくれました。
総勢16名の大パーティーでしたが、参加者一人一人が黙々とそれぞれに与えられた役割を果たしてくれました。
瞬く間に石の祭壇がしつらえられ、花束やお線香が供えられていきます。

Tuitou01さしもの氷瀑も気泡や水分が徐々に蓄えられ、崩壊の時を待っているようでした。
それでも、今日までその姿を守ってくれたのは何かの強い意志が働いているようにも感じられました。

来年の3月、私は再びこの氷瀑の前に立っていると思います。
その時までのしばしのお別れです。

Tuitou03

|

« 一月後・・・ | Main | 姫川源流にて »