« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.29

追悼

Tuitou02もう5月の声を聞こうというのに・・。
一週間ぶりの氷瀑は依然として健在でした。

今日は生前の彼女の姿を慕って、山の仲間たちがたくさん集まってくれました。
総勢16名の大パーティーでしたが、参加者一人一人が黙々とそれぞれに与えられた役割を果たしてくれました。
瞬く間に石の祭壇がしつらえられ、花束やお線香が供えられていきます。

Tuitou01さしもの氷瀑も気泡や水分が徐々に蓄えられ、崩壊の時を待っているようでした。
それでも、今日までその姿を守ってくれたのは何かの強い意志が働いているようにも感じられました。

来年の3月、私は再びこの氷瀑の前に立っていると思います。
その時までのしばしのお別れです。

Tuitou03

|

2006.04.23

一月後・・・

Rimg0046_edited1s
ひと月ぶりに再訪した大滝。

基部がデブリで埋まってしまったせいか、他を圧するような迫力はさすがに影をひそめましたが、垂直の氷の鎧は健在でした。

ふり返れば北アルプスの純白の連嶺が青空に浮かんで見えます。
あの時と同じように晴れわたった大空がどこまでも続いていました。

Rimg0051_edited1s
安全のために岩壁の基部に電動ドリルでRCCボルトを2個設置。
これで不安定な氷柱に自己確保をとらずにすみます。

また来週訪れるまで、氷の鎧は脱がずにいてほしい と心から念じながら下山の途につきました。

|

2006.04.10

チームレスキューを体験する

Rescue03事故の検証等が一段落するまではなかなか次の山行への意欲が湧いてこない、というのが正直なところですが、救助隊の訓練活動だけは例外だとみずからに言い聞かせ参加してきました。

4月を過ぎたとはいえ上越の山々はまだまだ冬の装いを色濃く残しています。初日はみぞれ混じりの氷雨が、そして翌日は朝から雪の洗礼を受けました。
Rescue01雪山における本格的なチームレスキューの実践訓練は私にとっては初めての経験です。
負傷者を梱包してスケットストレッチャー(樹脂製の移動担架)に収容し、1チーム7,8名で4ピッチ引き上げ、下りは2ピッチで一気に引き下ろすという想定で訓練をしました。
あらかじめ各ピッチ毎の引き上げ方法(1/2法、1/1法、1/3法etc)を意思統一しておいたにもかかわらず、いざ実施の段になると中途半端な理解力で臨んだため、頭が真っ白になって混乱してしまいチームとしての機能的な動きがまったくとれませんでした。

Rescue02救助システムとそのための個々の技術は、何度も反復して訓練し地道に身につけていくしか方法がないのかも知れません。
普段なら普通にできる基本的な技術も、緊急時になるとどうしても慌ててしまい満足にできなかったことは2週前の事故で身をもって経験したばかりです。
どこまでできるか自信はありませんが、今年一年はレスキュー技術を目的意識的に身につけてみようと思いました。
Rescue04
いろいろと反省することしきりの訓練でしたが、「反省点があるということは必ず解決への道筋が見つかる」という講師の方の激励を胸に残雪の谷川連峰を後にしました。

|

2006.04.03

再会

Yamabiko

外は雹をともなう激しい雨が降り続いているというのに、格納庫内は雨音ひとつ聞こえません。
庫内にはブルーとシルバーを基調にした洗練されたデザインの機体が、いつでも飛び立てる状態で待機していました。
事後処理で挨拶に訪れた私たちにとっては一週間ぶりの再会です。

ヘリコプターの名前は「やまびこ」。搭乗可能人員13名。
山で呼ぶと返ってくる「山彦」のように、きっと帰ってくるという願いと、山がたくさんある県らしい名前ということから「やまびこ」の名前がつけられたとのことです。

私の場合は痛恨の極みというべきか、二度と帰らぬ仲間との同乗になってしまいました。
機内に横たわる仲間にしてあげられることは柔らかいフリースの手袋で髪に紛れ込んだ氷粒をそっとぬぐってあげることくらいでした。

まだ私自身の気持ちの整理はついていません。
しかし、これで山をやめたら亡くなった仲間の意志に反する気がすることだけは確かなような気がします。

|

« March 2006 | Main | May 2006 »