« 八ヶ岳遭難事故 | Main | 再会 »

2006.03.21

春のうららの伊豆ヶ岳

izu05当会にも春が訪れまして・・
入会希望の奇特な方が二人も現れました。
で、さっそくお二人を歓迎すべく奥武蔵の伊豆ヶ岳にハイキングに出かけました。
集合の駅でまずびっくり。お二人の背負っているザックの年代物なのに。
30年以上も前のザックを大切に丁寧に保存しているだけでなく、使いこみながらしっかりとメンテもしていることに感動しました。私も昔のザックを捨てずに持ってはいますが、押入の隅っこに追いやったままだからです。

izu01今日の奥武蔵は暖かな日差しと爽やかな風が吹き抜ける最高のハイキング日和でした。
今日のコースは正丸駅起点で伊豆ヶ岳、古御岳、高畑山、天目指峠、子の権現を経て吾野駅までの14.5kmを歩くやや健脚向きのコースです。
小さなアップダウンと樹林越しに時折開ける展望を楽しみながらのミニ縦走コースです。こういう変化に富んだハイキングは何度歩いても飽きません。

izu02奥武蔵は奥多摩や丹沢に比べると標高が低いことから軽いハイキング向けの山と見られがちですが、今日歩いたコースや先日歩いた武川岳から二子山までのコース、あるいは大持山、子持山周辺の山並みなど、歩きごたえのあるコースもたくさんあります。
点在する岩場の魅力も含めてもっともっと歩かれてもいい山域だと改めて感じました。

izu03長いハイキングコースの最後に現れるのが子の権現。
ここは足腰の神様をお祀りしています。大きく立派なわらじと高下駄の前で「これからも末永く歩き続けられますように」としっかりとお祈りしてきました。
ここまで来ればあとは吾野の駅までノンビリと下るだけです。9時から歩きはじめて3時前には駅に到着できました。休憩時間込みで6時間はなかなか好ペースです。

izu04飛び入り参加のカムエクさんをはじめ入会希望のお二人もさすが年季がはいった歩きをしてくれました。
今回のハイキングで岳樺クラブを気に入ってくれたら、今回のハイキングを企画した幹事としては無上の喜びなのですが・・。

|

« 八ヶ岳遭難事故 | Main | 再会 »

Comments

何故か知りませんけど、皆さん古いものが好きなんですねぇ。ボロボロじゃないですか。
中高年山岳会ともなると会員自身が古くなってるのですから、せめて装備くらいは新品にした方がいいですよ。おニューのランドセルを背負った孫と一緒に出かけるには、やっぱり新品のザックでなくちゃ。

Posted by: おじん | 2006.03.23 09:50 PM

困った。ココログのバージョンアップでトラブル続出。おいらの身体に他人の頭が乗っかるし。

Posted by: おじん | 2006.03.29 07:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春のうららの伊豆ヶ岳:

« 八ヶ岳遭難事故 | Main | 再会 »