« わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール | Main | ある日の例会にて »

2006.02.26

あれれ、雪がない!(奥日光スノーシュー)

takayama01一年ぶりに奥日光・高山を訪れました。
あの時はたっぷりの雪が迎えてくれたというのに、今年は稀にみる寡雪です。
あまりにも雪が少ないのに驚きました。
日本海側は「平成18年豪雪」と命名されるほどの大雪だというのに、奥日光は12月にまとまって降り積もった後はほとんど降っていないようでした。

せっかく持ってきたスノーシューもザックに担いで登る羽目になるとは。トホホ・・
しかし北面に入り込むと少しは雪がついていました。それでもおおよそ20~30cm位でしょうか。
takayama02登り着いた稜線は風で吹き飛ばされたのか、地肌が露出している有り様にただただ驚くばかりです。2月の奥日光は何度も訪れていますがこれほど雪の少ない年は初めてです。
再びスノーシューをザックに括り付けて登り始めます。
去年の「最高到達点」である指導標で休憩。昨年は指導標が隠れるほど雪がたくさんあったのに、今年はほとんど露出していました。
しかし、静けさは相変わらずです。誰もいない静かな一時をすごすことができました。
taihi
   ↑2005年2月26日            ↑2006年2月25日

takayama03さて、ここから先は雪も程良く残っていました。高山頂上直下の登りでは再びスノーシューを着けての登高にかわります。
登るほどに樹間越しながら戦場ヶ原や太郎山、大真名子・小真名子山などの山々が見渡せるようになります。背後には男体山が大きくせり上がってきました。takayama04
たどり着いた山頂は、展望こそありませんが小広く休憩するにはうってつけの場所です。
takayama05

下山は一般コースを離れて北に延びる尾根にとりました。北面なので雪上歩行が期待できるからです。
もちろん無雪期には辿れませんが、雪さえあればこっちのものです。コンパスのセットを完了して下り始めました。尾根の東側斜面の方が樹間が広く比較的下りやすかった。
takayama06ツボ足ではとても歩きづらい斜面もスノーシューの威力で容易に下りることができました。
下りきったところにある鹿の侵入防止柵沿いを西方に歩いて、鹿柵ゲート地点へ。
ゲートを通過してはじめて戦場ヶ原に続く疎林帯にたどり着きました。
takayama07
さて、ここからは「しゃくなげ橋」を目指して一直線に向かった「筈」だったのですが、大きく右(南)に外れてしまいました。
「えーい、面倒くさいからそのままバス停に行こう」となったのですが、行けども行けども鹿柵が続いていて目の前の竜頭山の家に行かれません。
これじゃ「鹿の侵入防止柵」じゃなくて「人の侵入防止柵」ですよ。(^^;
結局、しゃくなげ橋まで引き返して大きく迂回する形でバス停に戻りました。
これからこの方面に行かれる方は十分に気をつけてください。しゃくなげ橋しか柵を抜ける道はないのだと。

GPSdata-s ←GPSデータはこちら


|

« わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール | Main | ある日の例会にて »

Comments

今年は大雪なのに。雪が例年より少ない山があるとは驚きです。
それにしても鹿柵がどうなっているのかよくわかりませんが、鹿はバス停に行って餌をもらうことはできないのかな。

Posted by: おじん | 2006.02.26 09:49 PM

戦場ヶ原の緑がめっきり減ったのは鹿のせいらしく、鹿防止柵は環境省が設置したものだそうです。
山にいる鹿が戦場ヶ原に入り込まないようにしているので、バス停には行かれます。
でもバス停に行っても観光客はあまりいないので餌はもらえないでしょうね。
それに奥日光は猿軍団の天下です。猿は至るところに出没しているので、猿から恵んでもらうしかないでしょうね。(^^;

Posted by: Nob | 2006.02.26 10:06 PM

京大霊長研の松沢教授の言で「先進諸国で唯一、猿が住む日本・・・」と今日の新聞に載っていました。皆さん知っていました?猿なんてどこにも居るものだと思っていたのは私だけ?

Posted by: jun | 2006.02.27 11:56 PM

???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

Posted by: jun | 2006.02.27 11:57 PM

あれれ、猿いますよぉ。愛知県なんか猿だらけです。民家の冷蔵庫も荒らしにくるし、職場にも遊びに来ます。道路脇の電線(電話線)を上手に綱渡りしてますからね。

Posted by: おじん | 2006.02.28 08:19 AM

当ブログの管理人も以前は猿だった記憶がありますね・・・
猿時代の写真アンコールしますので、プロフィールの上の写真を猿の写真に戻して下さい。

Posted by: ma3nobu | 2006.03.01 12:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あれれ、雪がない!(奥日光スノーシュー):

« わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール | Main | ある日の例会にて »