« 八ヶ岳で雪崩事故 | Main | わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール »

2006.02.12

武川岳から二子山へ

takegawadake02このところ、すっかり雪山とは縁遠くなっています。
それでも歩いておかなければ登山の敷居はどんどん高くなってしまいます。
というわけで、今週はMiyaさんの計画に便乗して、奥武蔵は武川岳から二子山を経て芦ヶ久保まで歩いてきました。
このコース20年以上前にも歩いたことがありますが、今回は妻坂峠経由ではなく、天狗岩から前武川岳を経て頂上に至るコースです。
天狗岩は石灰岩の岩塊が積み重なったピークでしたが、見晴らしもよく石灰岩特有の明るい雰囲気で、単調になりがちな低山ハイクにあって良いアクセントの役目を果たしてくれています。

takegawadake01寒い日が続くせいか、武川岳山頂も訪れる人はまばらです。さらに二子山まで縦走するハイカーはもっと少なく、静かな冬の一日を楽しむことができました。
冬型の気圧配置が強まったせいで季節風の吹き出しもあり、両神山は雪雲の中に隠れていました。とはいえ、奥武蔵主脈をはじめ、大持山、子持山、有間山、遠く東西御荷鉾山など秩父から上州にかけての山々が顔を見せてくれ、展望に関してはゴキゲンの一日でした。

takegawadake03

【コースタイム】
名郷バス停(8:40)・・・天狗岩(9:45~55)・・・武川岳(10:40~57)・・・焼山(11:46~12:35)・・・二子山雄岳(13:09)・・・二子山雌岳(13:18~28)・・・芦ヶ久保駅(14:20)


|

« 八ヶ岳で雪崩事故 | Main | わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール »

Comments

こんにちは。雪もないのに何だか寒そうですね。陽だまりのポカポカのハイキングなら行きたいのですが、近頃寒過ぎ。こんな寒いときに無理して出かけると、途中で脳卒中か心筋梗塞で倒れそうです。

Posted by: おじん | 2006.02.13 10:08 AM

おじんさん こんにちは、僕が持っている桜の木の杖は、Nobさん愛用の杖なんですよ。すてきでしょう。

Posted by: Miya | 2006.02.13 12:21 PM

なるほど。Miyaさんが腰を痛めたので、体調の良いNobさんの杖を取り上げたというわけですね。

Posted by: おじん | 2006.02.13 01:54 PM

ピンポン、ピンポン!左膝が痛くなったので借りたのです。電車の中では短くできないし恥ずかしいので返しました。今度は持ちやすいように紐を付けるって言ってましたよ。

Posted by: Miya | 2006.02.13 03:00 PM

ああ、それなら紐だけじゃなくて杖の柄の部分も付けた方がいいです。(ピックとブレードに相当する部分)
肩が上がらなくなったときに、杖をバイルのように握って柄の部分を潅木に引っ掛けて登ることができますから。先日ハイクに行ったときに、お婆さんがそうやって登ってました。

Posted by: おじん | 2006.02.13 05:04 PM

>ああ、それなら紐だけじゃなくて杖の柄の部分も付けた方がいいです。
それならいっそのことハイキングにアイスバイルを持参しますよ。(^^;
あれは木の幹を引っかけるのに都合良くできてます。
ところで、おじんさんも新品のBDのピッケルなんかオークションに出して杖にしたら?
杖は良いですよぉ。いろんな用途に使えます。

Posted by: Nob | 2006.02.13 09:17 PM

いやいや、この物騒な時代ですから、一家に一つ、玄関にはピッケルが必要です。

Posted by: おじん | 2006.02.13 09:25 PM

> 僕が持っている桜の木の杖は、Nobさん愛用の杖なんですよ。すてきでしょう。
> 電車の中では短くできないし恥ずかしいので返しました。
> 今度は持ちやすいように紐を付けるって言ってましたよ。

あぁ・・
あれは、ある寒い日の早朝の出来事でしたよ・・・

私はMiyaさんオススメ丸秘岩場に遊びに行く為に最寄のJR駅のホームから電車に乗り込みました。

夜も明けきらない冬の早朝にも関わらず、車両には多くの乗客が乗っていましたが、目の前に空席があった為に軟弱な私は席に座り、乗換駅までの20分程の短い時間を一時の仮眠を貪ろうと直ぐに目を瞑りました。

すると誰かが私の体を軽く叩くではありませんか!

滅多に電車に乗らない私は、こんな早朝に電車の中で知り合いに会うなどとは想像も出来ず、軽い驚きと共に、恐る恐る目を開けましたところ・・・

何と!私の目の前には、仙人の如くクネクネと曲がりくねった長い桜の枝を持った変なオジサンが年季の入った古いザックを背負って立っているではありませんか!

し・か・も!電車の中で奇妙な桜の枝を持って立っている、変なオジサンの姿と一緒に、後ろの席に座っている人達や周囲の吊革に掴まって立っている乗客の方々から注がれる、驚きと好奇の目で彼を見る沢山の視線までが、まるで3D映像のように私の目に飛び込んでくるではありませんかっ!

ゲロゲロ!

(この言葉は、すでに死語でありますが、その場の電車の中のイメージを表現するには正にピッタリの言葉ですので使わせて頂きます事を、お許し下さい。)

今、この電車に乗っている乗客の皆さんは、私の目の前に立つ「クネクネと曲がりくねった長い桜の枝を持つ仙人のような変なオジサン」と私を知り合いだと思っているに違いない!(実際そうなんですけど・・)

こりゃ寝たふりしちゃった方が無難かぁー!
どーする?
どーすんのよ?
私ぃぃ!

と、文章にすると長いのですが、ここまでホンの数秒の出来事でして、その直後、長い桜の枝を持った変なオジサンは、私に「おはよー!」と元気な挨拶をしてくれたのでした。その後、変なオジサンが座っていた席まで誘導され、それぞれの乗換駅まで会話を続けたのですが、周囲の方々から、曲がりくねった長い桜の枝を持つ変なオジサンに注がれる好奇と怪訝な視線が、私には、とっても痛かったです・・・

その日は、うちの親分と変なオジサンで仲良くハイキング・デートに行く日だったんです。それで見事にビンゴ!と言わんばかりに同じ電車に乗っちゃってたんです。

うちの親分は人生相当年季の入った方ですから、多くの観光客が屯している講習の面前でパンツ1丁になって着替えをしちゃう位、悟りの境地に達した方ですので、変なオジサンが長い桜の枝を持って混雑した電車乗ろうが、通勤客が沢山乗っている電車の中で弁当広げて食べようが全く気にしないんですよ。まぁ、ある意味、優しいと言いますか何と言いますか表現に詰まるところではありますが・・・(親分このブログ見てないっすよね?)


でもねアニキ

私達と一緒に行動する時は、あの変な長い棒は多くの乗客が乗っている電車に持ち込まないで下さい。
Miyaさん同様、私もとっても恥ずかしかったんですから・・・
「俺は、あの変な棒が気に入ってるんだから、どーしても持って行く!」と言うならば、せめて添え木のように背中から洋服とズボンの中を通して外から見えないようにして下さい。

とっても歩き難いと思いますけど、お願いしますよ・・・


長文失礼致しました。

Posted by: m3nb | 2006.02.14 04:16 AM

ふむふむ、由緒ある杖なんですね。でも、電車の中で変なオジサンがそんな桜の枝を持っていたら危ないです。今度山に行ったときに山頂から捨ててあげて下さい。

Posted by: おじん | 2006.02.14 09:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 武川岳から二子山へ:

« 八ヶ岳で雪崩事故 | Main | わが愛しのアイテム(その9) ストレッチポール »