« 寒波 de クライミング | Main | 八ヶ岳で雪崩事故 »

2006.02.09

八ヶ岳遭難無事救助

amidadake2月6日に日帰りの予定で阿弥陀岳に登った大学山岳部員3名が3日ぶりに無事に救助されました。
ヘリコプターで救助隊と合流できたとのことです。
登頂後、山頂で下山ルートを見失い、小屋から反対方向の沢筋に迷い込んだらしいのですが、低温下でしかも軽装、食料切れになりながらもツェルトにくるまりよくぞ生還できたものです。
やはり若さなんですねえ。携帯が通じたのも良かったです。
私も冬の阿弥陀岳には若い頃から何度か登っていますが、たしかに山頂は広くてガスっていたりすると下山ルートを見失うこともあるかもしれません。
しかし、今回はOB一人を含めた4人パーティーでした。下山途中に悪天候のため現役部員の3名が迷ってしまい、OBは無事に帰還しています。そこのところがよくわかりませんが・・・。
でも、とにかく無事に救出されたので良かったよかった!

|

« 寒波 de クライミング | Main | 八ヶ岳で雪崩事故 »

Comments

おいらの想像では・・・・OBが先頭を歩いていて、現役3人がモタモタしていたので、OBは一人でさっさと先に行ってしまった。

Posted by: おじん | 2006.02.10 03:03 PM

もう一つの想像。
OBはラストを歩いていて、現役3人は若くて元気なのでどんどん先に行ってしまい、体力の落ちたOBは遅れて一人で歩いていた。

Posted by: おじん | 2006.02.10 03:05 PM

さすがベテランのOBだけあって、下山ルートをちゃんと把握していたのはさすがですね。
でも、いくらガスっていても、地図とコンパスがあれば、下り口はわかるはずだからなあ。
小屋と反対方向に下ったというから、磁針の北と南を間違えたかな?

Posted by: Nob | 2006.02.11 08:40 AM

いや、若いIT世代は地図とコンパスじゃなくてハンディGPSを持って行くのですよ。で、低温でGPSが動かなくなってしまった。

Posted by: おじん | 2006.02.11 08:54 AM

>低温でGPSが動かなくなってしまった。
肝心な時に動かなくなってしまうって本当に困ったもんですよねー

僕も有り合わせの電池だったか充電した電池だったかを使用していて肝心の時に使えないGPSみた事ありますよー

持ち主はITには詳しいけど、決して若い世代じゃ無かったですけどねー

金の問題じゃ無く冬季はリチウム電池新品使う位の細やかな神経が欲しいですね。

いや、単なる独り言なんですけどね・・・

Posted by: m3nb | 2006.02.13 01:17 AM

>持ち主はITには詳しいけど、決して若い世代じゃ無かったですけどねー
その人のことですけど、ひょっとして私とma3nobuさんの共通の友人のことでは?
彼のGPSは決して電池切れなんかじゃなくて内蔵ファームのバグだったらしいですよ。
新品の電池を入れ替えても不具合だったらしいから。
彼がエライのは、GPSの不具合にもめげずに冷静に地図とコンパスで現在位置を割り出したことです。そこが、そこら辺の若者と違うところですねー。
「デジタルがだめならアナログに切り替える。」
これこそ登山者の鑑だなー!

Posted by: Nob | 2006.02.13 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八ヶ岳遭難無事救助:

« 寒波 de クライミング | Main | 八ヶ岳で雪崩事故 »