« アイゼンのお手入れ | Main | 山頂駐在犬ビッキー »

2006.01.09

高水三山を歩く

takamizu01-s奥多摩を歩きはじめてもう37年になりますか。
東京生まれの東京育ちだったせいで、山と言えば奥多摩か丹沢でした。
特に多摩川河原には5kmほどの距離にあった我が家だったので、小さい時分は川遊びによく出かけたものです。
そして、上流の彼方に青く霞んで見える山並みに漠然とした憧れを抱くようになりました。
高校生になると平日は楕円球を追い回し、月に一度は山好きの仲間と奥多摩や丹沢の山々を歩き回る生活がパターン化しました。
同じ頃、丹沢の沢登りも経験しましたが、その頃はどちらかというと奥多摩のピークハントに夢中でした。当時は5万分の1地形図が主流で、地形図に載っているたくさんの峰々はいつの間にか赤鉛筆でつながっていきました。

takamizu03-s奥多摩の入口にあるのが高水三山です。
そんなわけでもう数え切れない位歩いています。高水山の山頂直下にある常福院はお気に入りのお寺です。いつも掃き清められている境内は本当に気持ちが良いです。
36年前の自分の大学受験から始まって、子ども達の受験前には必ずお参りしています。(霊験あらたかです)
もう一つのお気に入りは、岩茸石山です。杉の植林帯が主体の三山コースにあって貴重な雑木林の山頂です。
葉の落ちた今頃は周囲の展望も良く、今日は遠く日光連山も真っ白な姿を見せてくれました。

takamizu02-s腰痛を庇いながらの上り下りだったので前回訪れたときよりも歩みは遅かったのですが、9時15分に軍畑駅を歩きはじめ、岩茸石山頂でお湯を沸かしてゆっくり休んでも13時前には余裕で御獄の駅に下りることができました。
陽の短い時期にあって、そんな手軽さがこのコースの良いところです。

|

« アイゼンのお手入れ | Main | 山頂駐在犬ビッキー »

Comments

奥多摩なんてところは全然眼中に無かったのですが、東京に出かけたときに登ることを狙って気になるようになりました。で、ヤマケイの東京都の山というガイドブックを購入したところ、山岳耐久レースのコースが載っていました。関東の人って山を走っているのですね。山は歩きましょう。

Posted by: おじん | 2006.01.09 08:55 PM

>山岳耐久レースのコースが載っていました。
>関東の人って山を走っているのですね。山は歩きましょう。
あれは興醒めですよ。
笹尾根とか奥多摩主脈の山々とか、じっくりとゆったりと歩くコースなのに・・。
めずらしくおじんさんと意見が合いましたね。
山は歩くところです。

Posted by: Nob | 2006.01.09 09:10 PM

皆さん忙しいのですよ。のんびりと歩いちゃおれない。遊びは短時間で切り上げて仕事をしなくてはいけないのです。狂ってるなぁ。

Posted by: おじん | 2006.01.10 12:50 PM

http://www.tac-school.co.jp/netnews/genten/genten_034.html
ちょうど山岳耐久レースの話を見つけて読みました。やはり忙しい人が山を走っているようです。

Posted by: おじん | 2006.01.10 03:06 PM

いやはや、たいしたもんです。
スズメバチ何するものぞ! ですか。
さすがは「耐久」レースです。でも、私から見ると「消耗」レースに見えるなあ。

Posted by: Nob | 2006.01.10 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高水三山を歩く:

« アイゼンのお手入れ | Main | 山頂駐在犬ビッキー »