« 落石ならぬ落ビナ2個 | Main | 凍 »

2005.11.05

アイゼントレとアブミ練習

RIMG0007-s11月の声を聞くと、パブロフの条件反射ではありませんが、なぜかアイゼントレーニングをやりたくなるものです。
メンバーはMiyaさん、ヒロリンさんと私の3人。
Miyaさん、ヒロリンさんは当会の2枚看板です。そこに無理やり割り込んでのドタ参加となりました。
アイゼントレは4月以来です。
半年ぶりにアイゼンの爪先に立ち込む感触は独特のものがあり、懐かしいやら怖いやらで複雑な気持ちになります。
アイゼントレをまじめにやれば、足先に立ち込む感覚が磨かれることになり、クライミング全般にプラスの作用をするようです。
特にアイゼンを履いたままクライムダウンを行うと、体を岩から離して腰を落としながら下をよく見る姿勢をとることになるので、バランスクライミングの良い練習になります。

さて、各自5本程度練習した後は天覧ハングでのアブミ練習です。
私にとってアブミは鬼門。自分でも不思議なくらい下手っぴーなのです。(あ、クライミングも下手ですが。(^^;)

RIMG0016-s「Nobさーん、今回はNobさんでも登れるルート作ってあげたからさー。楽しんでってよー」
とMiyaさんが言ってくれたルートにトライしました。
ルート名は題して「Nobさんでも登れるよー」。(ほんまかいな)
まず最初にMiyaさんがお手本を示します。
ふむふむ、なるほど! あそこで、足を踏み換えて、ささっと2段目まで上がるんだな。よし!
続いてNobの番です。
あら、あらら、見るとやるとでは大違い。
1回目は取り付きから50cm登っただけでテンション!
再度挑戦して、下からアドバイスをたくさんもらってようやく上まで抜けることができました。ふー。
最後にヒロリンさんが華麗なお手本を見せてくれて、またも落ち込んで帰ることになりました。
あー、オレってどうしてこうもセンスないんだろ。
結局練習を積むしかないのでしょうね。トホホ、、

|

« 落石ならぬ落ビナ2個 | Main | 凍 »

Comments

>私にとってアブミは鬼門。

Nobさんにとってアブミは危身。肩壊すだけだから止めましょう。

Posted by: おじん | 2005.11.05 07:04 PM

>肩壊すだけだから止めましょう。
そのアドバイスを登る前に言ってほしかったです。
いま、?型の孫の手を背中に押しつけながらキーを叩いています。

Posted by: Nob | 2005.11.05 08:17 PM

繰り返し肩を痛めているようですね。どーにも懲りない人でござる。頭の中に消しゴムが入っているのかな。

Posted by: おじん | 2005.11.06 01:56 PM

そう、懲りないのです。
でも、今日はおとなしく、スポーツジムとプールで体をほぐしてきました。
腹筋がかなり弱くなっているのを再発見。これが坐骨神経痛を助長しているのかも。

Posted by: Nob | 2005.11.06 09:22 PM

うーむ。どうも問題解決のベクトルがあさっての方向を向いているような気がするのですが。
スポーツジムとプールじゃなくて、寝転がって昼寝して日向ぼっこするのた正しいのでござる。

Posted by: おじん | 2005.11.07 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイゼントレとアブミ練習:

« 落石ならぬ落ビナ2個 | Main | 凍 »