« コスモス | Main | テーブルには先客が・・ »

2005.10.25

東京時間溯行 その6

RIMG0003-s

久しぶりの東京時間溯行です。
今回は地下鉄銀座線の赤坂見附で降りて、豊川稲荷東京別院に。
「千本のぼり」といわれる赤と白ののぼりが所狭しと奉納されていて賑やかな境内でした。
お稲荷さんなので狐さんがそここに鎮座しています。ジッとにらまれるとちょっと怖いですね。

お稲荷さんを後にして目指すは地上250m超の六本木ヒルズ。
ここからはまだまだ遠いです。
赤坂の名前の由来でしょうか。やたらに坂の多い地形をゆるやかなアップダウンを繰り返しながら歩きました。
鉄砲坂、新坂などなど、坂の名前が標識に記されていました。
この界隈には外国の大使館なども多く、都心とは思えないほど静かなたたずまいを残しています。

RIMG0007-s

やがて、乃木坂に出てこれをゆるやかにたどれば右手に乃木神社。少し早いですが境内は七五三のお祝いでしょうか。家族連れで賑わっていました。
乃木大将といってもあまり知識はありませんでした。神社の横手に旧乃木邸が残されているのでこれも見学しました。
馬小屋や煉瓦塀が明治の名残を色濃くとどめています。本邸も飾り気がなくじつに質素なつくりです。昔の人は偉かった。

足に疲れが溜まるころ、ようやく六本木ヒルズに到着。
52階で開催中のレオナルドダビンチ展を見学。ついでに展望台にも足を運びました。
今日は最高の天気です。
丹沢、奥多摩の奥に富士山が午後の逆光に輝いていました。

|

« コスモス | Main | テーブルには先客が・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京時間溯行 その6:

« コスモス | Main | テーブルには先客が・・ »