« 無花果 | Main | 運命を分けたザイル »

2005.09.13

深い森の先には美しいクライミングエリアが

Daimen01

「アプローチが近くてワイルドなクライミングが楽しめますよ。」
錦少年の誘い文句に乗って?久しぶりに瑞牆山(みずがきやま)を訪れました。

ルートは大面岩左稜線ルート(8ピッチ 5+,A1)
メンバーは錦少年、竜少年の還暦少年コンビにMIKIさん、私の「若手」50歳代組。

肩の具合が少し良くなってきたと言っても、故障前の時から比べれば程遠い状態です。
「他の3人の足手まといにならない」ことを自分自身に誓って参加しました。(悲壮な決意)

そしてその結果は?
足手まといになるどころか、貢献度大でした。
何しろ「ガラスの肩」でパーティーの困難を救ったのですから。
取り付きが悪い5ピッチ目。2m上にあるテラスになかなか立ちこめません。
仕方がないのでトップの錦少年に私の左肩に乗ってもらって核心を突破しました。文字通り体を張っての貢献です。(^^)
右肩は壊れていても左肩は人様の役に立つのです。

Daimen02

このルート(左稜線)ですが、全体の半分近くをアブミの上で過ごした感じがします。
フリー化(10c)されているルートらしいのですが、オールフリーで登るなんて私にはとても考えられません。
この日は途中で雨が降り出してきてしまい、最後のチムニーのピッチを残して懸垂下降で引き返しました。取付に降り立ったとたん本降りになってしまいました。

 懸垂下降中
Daimen05

瑞牆山でのクライミングはこれで3回目ですが、どのルートも私にとっては難しいものばかりです。
人工のピッチも支点間隔が遠いし、フリーの部分はかなりランナウトしています。

しかし、深い森を分け入って取り付きに至るアプローチが素敵です。
花崗岩のスラブ、フェースとクラックで構成されている美しいエリアなので、もっと訪れてみたいのですが己の実力がそれを妨げています。
ああ、もっと上手くなりたい!

 取り付きの広場からは岩場がよく見えます
Daimen04

|

« 無花果 | Main | 運命を分けたザイル »

Comments

瑞牆山、写真ではよく見かけますが、もちろん行ったことありません。というか、奥秩父の山は一つも登ったことありません。死ぬ前に一つだけ登るとしたら、やっぱり瑞牆山でしょうかね。

Posted by: おじん | 2005.09.14 11:57 AM

Nobさん、瑞牆山のボルトラダールートを今度紹介してね。

おじんさん、Nobさんへのコメントをいつも楽しく見てますよ。よろしくおねがいしますね。

Posted by: Miya | 2005.09.14 05:05 PM

Miyaさん こんばんは

>Nobさん、瑞牆山のボルトラダールートを今度紹介してね。
紹介してあげるかわりに今度、正しいアブミの乗り方を教えてください。日和田の女岩西面でいいですから。

おじんさん
>死ぬ前に一つだけ登るとしたら、やっぱり瑞牆山でしょうかね。
ノーノー!
奥秩父といえば、やっぱ金峰山か甲武信岳でしょう。山の大きさが違います。

Posted by: Nob | 2005.09.14 09:55 PM

Miyaさん、こんにちは。ぜひNobさんがヨボヨボになる前に、泣きが入るルートに連れて行ってあげて下さいませ。

Posted by: おじん | 2005.09.15 09:49 AM

Nobさん、こんにちは。あれれ、瑞牆山じゃないのですか。雑誌では瑞牆山の岩の写真を多く見かけるので、てっきり瑞牆山が代表なのかと思っておりました。
金峰山か甲武信岳ですね。愛知県から日帰りで行くことができるのだろうか。

Posted by: おじん | 2005.09.15 09:51 AM

おじんさん、ぜひ金峰山においでませ。Nobさんがガイドしてくれますよ。


>泣きが入るルートに連れて行ってあげて下さいませ。
Nobさんは肩が痛い腰が痛いと、行く前から泣きがはいるんですよ。最近は泣きがなくなり、なんかいい事があったのかなあ~。

Posted by: | 2005.09.15 12:32 PM

上のコメントはMiyaでした。

Posted by: Miya | 2005.09.15 12:34 PM

兄貴の泣きは有名ですからねー
えへえへ~♪

Posted by: ma3nobu | 2005.09.15 01:31 PM

ボクもう泣かないもん!
だって涙見せると、となりのma3nobuちゃんからいじめられるからー。
だからゼッタイ泣かないんだー!ボクは。

Posted by: Nob | 2005.09.15 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 深い森の先には美しいクライミングエリアが:

« 無花果 | Main | 運命を分けたザイル »