« 不思議なカラビナ | Main | 深い森の先には美しいクライミングエリアが »

2005.09.10

無花果

RIMG0005-s

我が家の猫の額のようなちいさな庭には実のなる木がけっこうあります。
花梨、柿、柚、山法師、そしてこの無花果。

イチジクがなぜ「無花果」なのか知りませんでした。
大辞林によれば、
「・・・葉腋に壺状の花序をつける。中に無数の白色小花がつくが、外から見えないので「無花果」と書かれる。・・・」
なるほど。
つまり私たちが美味しい美味しいと食べている「実」はじつは「花」だったのですね。
そういえば、二つに切ると数え切れない位の小さな花状のものがかたまって見えます。

苗木は以前カミサンがどこからかもらってきて植えたものです。
苗木が良いのか、また南面の日当たりのよい場所に植えたせいか、成長が早くあっというまに果実をつけてくれました。
今年は「なり年」らしく夏の暑い時期からかれこれ30個以上も収穫できました。
我が家のイチジクは完熟なので、軟らかくほのかな甘い香りが何ともいえません。

イチジクなんて庭に植えていなければ普段はなかなかお目にかかりませんよね。
旬の時期に旬のものが食べられる。これに勝る幸せはあまりないだろうなあ。
あぁ、松茸もこうなら最高なのですが・・・。

|

« 不思議なカラビナ | Main | 深い森の先には美しいクライミングエリアが »

Comments

美味しそうな写真ですね。・・・と、一応写真を誉めておこう。うちにも以前、無花果の木がありましたけど、切り倒してしまいました。美味しい実が成っていたのに何故切り倒したのか・・・忘れました。

Posted by: おじん | 2005.09.11 11:51 AM

写真を誉めていただきありがとうございます。
ね、ね、美味しそうでしょ?

>美味しい実が成っていたのに何故切り倒したのか・・・
もったいないなあ。
でも、無花果の木はやたらでかくなって、横に広がるから邪魔は邪魔ですよね。

Posted by: Nob | 2005.09.12 07:02 AM

ご自宅にイチジクが実るんですか うらやましい!実はイチジク大好きなんです。スーパーの片隅で見つけるけれど1個100円近くするので二の足踏んでしまいます。子供の頃はどこの家にもあったので、この季節の楽しみでした。
ところでNobさんのブログ時々拝見していますがコメント付けるられるの今日、発見しました。

Posted by: ミエリン | 2005.09.12 08:27 AM

ミエリンさん、こんにちは。コメント攻撃でNobさんいじめにご協力お願い申し上げます。山小屋で登山靴を買ったとか、そーいうコメントが喜ばれるようです。

Posted by: おじん | 2005.09.12 07:44 PM

ミエリンさん ようこそ当ブログにおいで下さいました。
そうなんですよ。このブログはコメントができるのです。
もっとも普通のブログはみんなできますが…(^^;
気の向いた時に何かコメントをいただければありがたいです。
いつも中年おじさん(あ、おじんさんのことじゃないですよ!)ばかりじゃねえ。

ところで、おじんさん。
>山小屋で登山靴を買ったとか、そーいうコメントが喜ばれるようです。
なんで知ってるの?

Posted by: Nob | 2005.09.12 09:15 PM

何のことかな。おいらは横尾山荘の伝説なんか知りませんが。

Posted by: おじん | 2005.09.13 01:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無花果:

« 不思議なカラビナ | Main | 深い森の先には美しいクライミングエリアが »