« レスキュー | Main | 無花果 »

2005.09.06

不思議なカラビナ

RIMG0016-s

先日の救助訓練の時、C会のY氏が持参していたのがこのカラビナでした。
彼はこれをプーリー(滑車)代わりに使っていました。

うーん、これは使える!
さっそくDMMのサイトで商品名を調べてみました。
名称は「Revolver」
うん、まさに回転軸です。

30% OF ENERGY GENERATED THROUGHOUT THE WORLD IS SPENT ON FRICTION.
(世界中で発生する30%のエネルギーは摩擦に費やされます。)
これはこの製品に書かれている説明文の冒頭コピーです。
なるほど。

たしかに登山用具、とりわけクライミングギアの世界では、摩擦力の存在を無視することはできません。
摩擦力はプラス面にも働いてくれているし逆にマイナス面にも働いています。
プラス面の代表格は墜落時のショック軽減や靴底のフリクションでしょうか。
反対にマイナス面としては、ギア類の摩耗やレスキュー時の力のロスなどが考えられます。

説明文によれば、このカラビナはロープの摩耗を最小限に抑えるために考案されたもののようです。
たしかにトップロープの支点として使えばロープの痛みは劇的に緩和されるはずですね。

しかし、そういう使い方の他に、前述のY氏のようにプーリー(滑車)としての使い方も十分にできるように感じました。
3人パーティーで一人1個ずつこのカラビナを持っていれば、いざレスキューが必要になったとき、負傷者引き上げ時の摩擦力による力のロスはかなり軽減できると思いました。

ただし、このカラビナをロープ側にではなく、ハーケン、ボルト側に使用することのないようにしたいですね。
墜落時のショックで回転軸が壊れちゃうかもしれませんから。(^^;

|

« レスキュー | Main | 無花果 »

Comments

僕にしては珍しく持っていないグッズなんですけどショップで見る度に何とも言えない魅力が漂っていて、つい手にして悩んでしまう商品です。重量も44gと意外と軽量なんですよね。

好奇心超旺盛物欲大魔王の僕が持っていない理由は価格が重い事ですー。

Posted by: ma3nobu | 2005.09.07 09:26 AM

いろいろ変わった物があるのですねぇ。O型の鉄ビナを使っていた身としては、こういうのは妖怪としか思えません。

Posted by: おじん | 2005.09.07 09:55 AM

僕みたいな50歳直前の小僧若者としましては普通のグッズなんですけど、おじんさんのような人生の大先輩には、バンダイから販売されているオモチャ変形合体「機動戦士ガンダム」みたいなイメージなんでしょーねー。ふふふふ・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.09.07 10:54 AM

最初に写真を見たときには、宇宙生命体だと思いました。

Posted by: おじん | 2005.09.07 05:28 PM

リボルバーと言うと弾倉が回転する連発式の拳銃を思い出しますが、軽量の為の肉抜きデザインは、おじんさんの言うようにエイリアン等の映画に出演している俳優の腰にぶら下がっていても違和感の無い格好良いデザインですよね。

Posted by: ma3nobu | 2005.09.07 08:35 PM

>好奇心超旺盛物欲大魔王の僕が持っていない理由は価格が重い事ですー。

え、うっそー!
新品のヘルメットを3個も持っているお金持ちが・・・(^^;

ところで、岩肌といい、カラビナの金属の質感といい、久しぶりにリアルな写真を掲載したのに。
写真のこと誉めてくれる人はいないの?

Posted by: Nob | 2005.09.07 09:36 PM

ヘルメットは1つは会の大先輩からのプレゼントですし、2つ目は安物買いの銭失いでしたので、やっと3つ目で本当の相棒に出会えた訳ですよぉ・・・

>写真のこと誉めてくれる人はいないの?
いや、本当にリアルに綺麗ですよね。珍しく綺麗に撮れているなぁ・・と密かに感心していたのですが、やっぱ自信作だったんですね?

山の写真じゃ無くて「岩の上に置いたカラビナ」の写真と言うのがチョット悲しいものを感じますが、本当に兄貴の写真としては今まで見た事が無い位に綺麗ですね。

いやホントにキレイですよー
ぷぷぷ・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.09.07 11:58 PM

>本当に兄貴の写真としては今まで見た事が無い位に綺麗ですね。
く、く、く、く、くやしぃー・・・

Posted by: Nob | 2005.09.08 07:06 AM

DMMリボルバーは高額な上に「こんな場面では、これっきゃ無いぜっ!」と言うような決定的な使い方が判らなかった為に、必要性すら判らなかったんです。ショップで質問しても具体的な使い方を説明出来る店員さんは皆無でした。

既にNobさんも読んでいる事と思いますけど、今日発売の岳人10月号の224ページ『図3ランニングの取り方』に、「ルートが大きく屈曲するような場合のランニングビレイに使用するとロープの流れが非常によくなる。」とイラストで最適な使用例が記載されていて大変納得しました。

ルートによっては、あれば非常に便利みたいですね。でも、やっぱ凄い高いからパートナーが1人1個購入、2個持てるかどうか。みたいな感じですね。て言うか、無ければ無いで済んでしまうグッズなのかなぁ・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.09.15 08:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不思議なカラビナ:

« レスキュー | Main | 無花果 »