« 湯河原幕岩 | Main | 足踏みする秋 »

2005.09.26

ギア類の3Rは?

ゴチャゴチャのギア類三連休の後半は台風の影響で雨模様でしたね。

小屋番子は久しぶりに部屋の整理をしました。
難題はクライミングギアの整理です。ヌンチャク、カラビナ、カム類、それと膨大な数のスリング類の整理に頭を痛めていました。
これまでは使わなくなった車のルーフキャリヤを取り外して、そこにスリング類とカラビナ類をゴッチャにしてぶら下げていました。
これではさすがに取り出しづらいし、ギアの点検もできません。
そこで一念発起?
ホームセンターでφ9.5mm×91cmのステンレスパイプを3本購入。簡単なラックを拵えました。
カラビナ類はパイプに掛けてスリング類は従来のキャリアに掛けることで棲み分けに成功です。

整理後はスッキリとそれにしてもカラビナだけで40枚近くあります。古いものは25年以上も経っています。
さすがに最近は使っていませんが、カラビナの耐用年数って何年なんだろう?
カラビナに限らずロープ・スリングを含めたギア類の耐久性って、新品購入時が最大ですよね。
その時点から品物によって徐々に耐久性が落ちていくわけですが、安全性を考えて廃棄する時期の見極めや再利用先のアイデアを考えるとむずかしいものです。

ところで、クライミングギアは地震や台風など災害時のレスキュー器具としてはまだまだ使えそうです。
一家に一本、押入に50mロープが転がっていればなんと心強いことか!

MOTTAINAI運動とか3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進とか叫ばれていますが、クライミングギアの3Rをも真剣に考えたいものです。

|

« 湯河原幕岩 | Main | 足踏みする秋 »

Comments

こんにちは。そんなにせっせと仕入れているということは、定年後に登山用品店でも開業するつもりでしょうか。
ところで、若い頃、大雨で住んでいた地区が堤防決壊で洪水の被害にあいました。一階の自分の部屋が水没状態になったのですが、そのときにはザイル使いましたよ。川となった道路を横断するのに役に立ちました。

Posted by: おじん | 2005.09.26 02:10 PM

救助訓練等に参加する中高年登山者の方々(本来のクライマーでは無く、登山経験が長い一般登山経験者)のガチャ類は相当の年季が入っていて傷だらけでボロボロの事が多いですが、カラビナに限らずロープ・スリングを含めたギア類は全て耐久年数がありますよね。

岩場で落として大きな衝撃を与えたカラビナや「岩場で拾った使用年数や使用頻度が不明のATC」は安全を考慮した場合、本来ならば使わない方が良いみたいですよ・・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.09.26 05:28 PM

>救助訓練等に参加する中高年登山者の方々 … ドキッ
>ガチャ類は相当の年季が入っていて … ドキッ
>岩場で拾った・・ATC … ドキッ
なんか、それってボクのこと?

Posted by: Nob | 2005.09.26 09:50 PM

>なんか、それってボクのこと?
まさかー!
違いますよー!
あはあはあははは・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.09.27 03:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギア類の3Rは?:

« 湯河原幕岩 | Main | 足踏みする秋 »