« 運命を分けたザイル | Main | 事故報告 »

2005.09.19

初秋の那須を歩く

RIMG0050-s10月の会山行は那須の山々を舞台に地図読みとGPS操作の実習山行となりました。

「Nobさん、計画をお願いします。」代表からご指名で依頼されました。
おおー!久しぶりに計画を立てられます。(うれしいなあ!)
何しろ私が会山行の計画を立てることなど、年に1回あるかないか。
計画書づくりの作法も忘れてしまいました。

あ、そうだ!
先ずは下見に行かなくては。
会のベテラン会員さんたちをおもてなしするためには下見は必須です。
しかも今回は山歴20年以上の女性クライマーだけが集まる「Tクラブ」との合同山行です。
竜少年代表が常日頃標榜している「こらぼれーしょん」の実践です。
万が一、粗相があっては一大事なのです。(^^)
RIMG0049-s

というわけで、3連休の最終日を使って那須のハイキングをひとり楽しんできました。
那須には3週前にも訪れましたが、一段と秋の気配が色濃くなっています。
ナナカマドの実は真っ赤に色づき、シラタマノキの白いかわいい実も印象的です。
3週前には咲き始めだったエゾリンドウもいたるところで濃い紫の花をつけています。

今年の紅葉の見頃はいつ頃なのでしょうか?

(もっと写真を楽しみたい方はこちらへ

|

« 運命を分けたザイル | Main | 事故報告 »

Comments

こんにちは。紅葉は10月半ばごろかなぁ?TBさせていただきました。

Posted by: 那須塩原ナビ | 2005.09.20 02:40 AM

こんにちは。山歴20年以上の女性クライマーだけが集まる・・・ということは、えーと、若い娘の頃にクライミングを始めたとしても現在は・・・何だか恐ろしいクラブですね。粗相があるとヤバイ。

Posted by: おじん | 2005.09.20 07:57 PM

>山歴20年以上の女性クライマーだけが集まる
ふふふ、jokeです。
でも山歴20年以上は当たりかな?
みなさん、山にとても深ーい思い入れをもつご婦人方です。

Posted by: Nob | 2005.09.20 10:07 PM

山暦20年というのでも、すごいことだと思う。普通の人なら飽きます。20年も同じことを続けることは出来ませんよ。
ホームページを見ていて思うのですが、登山を知って夢中になるのは女性の方が多い。・・で、一気に山々に登りまくって、そのうち燃え尽きてしまう。このパターンが多いように思うのですが。

Posted by: おじん | 2005.09.21 08:16 PM

>・・で、一気に山々に登りまくって、そのうち燃え尽きてしまう。
おっと!それ以上書いていただくとイエローカードが出されそう。(^^;

でも、一般論として女性の場合、育児期間に相当な年数を取られてしまうために、40歳代後半から山に復帰して(あるいは初めて触れて)からは目一杯登りまくるという傾向はあるかも知れませんね。
男に比べて世間のしがらみが少ないせいか、毎週のように山に向かう人が多いような気もします。
でも、それによって燃え尽きるとは思いませんが・・・。
みなさんとてもいい人ばかりですよ。(^^)

Posted by: Nob | 2005.09.21 10:09 PM

>男に比べて世間のしがらみが少ないせいか、毎週
>のように山に向かう人が多いような気もします。

つまり、自分のやりたいよーにやっているってことですね。以前、山頂で中高年のおばさま達と話したとき「山がこんなに素晴らしいなんて知らなかった。若いときから登山してなくて損した。くやしー。」と言ってました。本当に「くやしー」と言ってました。理解できん。

Posted by: おじん | 2005.09.22 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初秋の那須を歩く:

» みんなの旅行記☆9月 [那須塩原ナビ]
那須塩原ナビ http://www.nasusiobara.jp/   那須高原、塩原温泉に遊びに来られた方にトラックバックしています。 これから旅行に来られる方、トラックバック先を参考に思い出に残る素敵な旅を〜☆ < 9月のおすすめ旅行記 > ★[http://www.nasusiobara.jp/nasu-play.stm 南が丘牧場]でアーチェリー。あら、隣の的に当たっちゃった! [http://blogs.yahoo.co.jp/chamachiroset..... [Read More]

Tracked on 2005.09.20 02:38 AM

« 運命を分けたザイル | Main | 事故報告 »