« 涙のコンテナボックス | Main | 室内壁再開3日目 »

2005.07.03

血塗られた車内

05220006-s梅雨の間隙を縫って一年ぶりに広沢寺の岩場を訪れました。
今夏は前穂北尾根や北穂の東稜などを縦走する予定なので、その意識合わせのトレーニングです。
久しぶりにマルチピッチの練習をやったら、悲しいかなルベルソの使い方を忘れていました。(^^;
その他、ピッチを切る時の場所どりなど後続のフォロアーのためのスペースづくりで失敗をしてしまいました。
細かい点でずいぶんミスが見つかりました。それがわかったことが収穫でした。

クライミングは、やはり場数です。たまに来て完璧にできる人は岩登りが身体に染み込んでいる人。
私みたいなレイトビギナーは頭の中が完全にリセットされてしまいます。
次回はもう少し手際よく登りたいものです。

ところで、広沢寺の岩場にもいるのです。
何がって?
ヒルですよ。蛭。

P1000006-s広沢寺周辺に限らず丹沢山塊のこの時期はヒルの宝庫です。
木の上からボタボタ落ちてきます。
木の下で雨宿りなどしようものなら、ヒルの餌食になること必定。
帰りのバスの中では、車中に乗り合わせたハイカー達が持ち込んだヒルのために阿鼻叫喚の情景が!
靴下の中から血を吸って満足そうなヒル君がボトッと床に。
足先がみるみる血まみれに。これを見てぎゃー!
床に転がったヒルを踏みつけて、また血がドバァー! またまた、ぎゃー!
血塗られた情景に車内は騒然!
渋滞の時間つぶしにしては刺激が強かったなあ。

|

« 涙のコンテナボックス | Main | 室内壁再開3日目 »

Comments

ありゃ、やっぱ丹沢もヒルですか。いやだなぁ。夏には丹沢なんか行かないだろうけど、覚えておこう。
こっちの鈴鹿もヒルはすごいです。沢筋なんか行ったら献血しているようなものです。特に鈴鹿北部の石灰岩地帯がヒルの宝庫。自宅までお持ち帰りです。

Posted by: おじん | 2005.07.04 08:17 AM

>こっちの鈴鹿もヒルはすごいです。沢筋なんか行ったら献血しているようなものです。
それは、スゴイ!
さぞ肥え太っているのでしょうねえ。
塩をかけるとナメクジみたいに溶けるんだろうか?

Posted by: Nob | 2005.07.04 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 血塗られた車内:

« 涙のコンテナボックス | Main | 室内壁再開3日目 »