« 盛り沢山の一日 | Main | コールサイン復活! »

2005.06.21

鬼門に挑むが・・

rocky018ヶ月ぶりに室内壁を訪れました。
肩のしつこい故障が完治せず、室内壁は鬼門中の鬼門でした。
登りに行こうとする前にモチベーションが萎えてしまい、どうしてもドアを開けることが出来ませんでした。

回数券の領収印の日付を見ると、前回訪問が昨年の10月6日。前々回は2年前の10月1日でした。
いやはやなんとも、これでは上達する訳がありません。(^^;

今回はクラブの仲間にお付き合いしようとの軽い気持ちもあったのですが、「そろそろクライミングも年貢の納めどきかな?」という自分なりの決意というか、けじめというか。

で、登ってみた感想ですが・・
このジムで最もグレードの低いリードルートをさらにトップロープで登らせてもらったのですが、肩の痛みはともかく、体がムーブを覚えていたのには素直に驚きました。
「足で登れ!力を抜け!」と心に念じながら3本ほど登らせてもらいました。

rocky02終わった後の右肩を襲った軽い鈍痛。
予想はしていましたが、やっぱり残念でした。
あれだけ、気をつけて登ったつもりなのに・・・。
でも、思ったよりは痛くはありません。明日、明後日と、痛みがどのくらい引きずるのかなあ?

脇では新人クンをはじめ40歳台の「青年部員」たちが何度も何度も限界にトライしていました。
いいなあー。うらやましいなー。
私みたいに故障にならずにこれからも気持ちよく登ってほしいなー。
と心から念じた夜でした。

|

« 盛り沢山の一日 | Main | コールサイン復活! »

Comments

先輩、おはようございますー!
昨夜はお疲れ様でした。
今朝の肩の具合はいかがですか・・・?
来週から宜しくお願いしますー!

Posted by: ma3nobu | 2005.06.22 06:46 AM

残念ながら、エネルギー保存の法則ですな。若いときにヤリ過ぎたので、もう使用量MAXなのですよ。諦めて次なる楽しみを見つけましょう。
ところで、クワガタの雄を雌と一緒のカゴに入れておくと、ヤリ過ぎて早死にします。長生きの秘訣は過ぎないことでござる。

Posted by: おじん | 2005.06.22 07:23 PM

>クワガタの雄を雌と一緒のカゴに入れておくと、ヤリ過ぎて早死にします。長生きの秘訣は過ぎないことでござる。

なんかさー。
これって、貝原益軒の養生訓みたいですねー。
「20代は4日に一度、30代は8日に一度、40代は16日に一度、50代は20日に一度、60代は接して漏らさず、ただ強精者のみ月に一度」。
そうか!
フリークライミングも50代は2ヶ月に3回程度で止めておけばよかったのに、週に1回通っていたからいけなかったんだ!
63歳の竜少年さんは余程の強精者なんだなあ。感服!

Posted by: Nob | 2005.06.22 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鬼門に挑むが・・:

« 盛り沢山の一日 | Main | コールサイン復活! »