« GPSの勉強会 | Main | わが愛しのアイテム(その8) NIKWAXを使う »

2005.04.25

季節はずれ?のアイゼントレ

tenran02暑くもなく寒くもなく、さわやかな春風に包まれながら奥武蔵・天覧山でちょっと季節はずれのアイゼントレをやってきました。

アイゼントレといえばやはり初冬の時期が旬です。
でも、この時期に行うのもいいものです。
春山では岩雪ミックスの斜面はそこらじゅうに出てくるからです。
アイゼンの前爪にしっかりと乗り込んで、正対しながら体重をしっかりと足に移し、移動していく姿勢に慣れておくことはけっして無駄なことではありません。

しかし、久しぶりにやってみると、これがなかなか上手くいきません。とくにアイゼンを履いたままでのクライムダウンでは腰を十分に落とすのがつらくて、どうしても重心が上に残ってしまいがちになります。
手袋を付けたままで腰まで落としてのクライムダウンは慣れるまではなかなか難しいものです。

さて、今回のトレーニングは連休登山のパーティー間の意識合わせ(=意志統一)が主目的です。
復会したMiyaさん、昨年入会した新人クン。この二人同士の山行はありません。二人を繋ぐのがご両人とそれぞれ山行を共にしている私の役目。
三人揃っての山も初めてなので、確保時や、登高時のオーダーのすり合わせ等は大切な作業です。
やはり、事前にやっておいてよかったと思いました。

中高年パーティーなので、体力的にもテント2泊がいいところ。つまり登頂はワンチャンスです。
あとはお天気次第です。けっして無理はしません。
お天気に恵まれずにたとえ登頂ができなくても、北アルプスの山懐に入れるだけで幸せだと思わなくてはね。

|

« GPSの勉強会 | Main | わが愛しのアイテム(その8) NIKWAXを使う »

Comments

ふむふむ、連休は五竜岳で2パーティにわかれるので無線機がどうのこうの・・・という話しでしたよね。そして、この時期にアイゼントレ。
ということは、1パーティが遠見尾根から五竜岳を目指し、もう1パーティがバリエーションの東面G5稜を登るとか。恐ろし。

Posted by: おじん | 2005.04.25 09:08 PM

>もう1パーティがバリエーションの東面G5稜を登るとか。恐ろし。

ご、ご冗談を!
G5はおろかG2もG1も行きませんよ。
アイゼントレよりも本当は雪壁トレの方がよかったのですが、あいにく時間がとれなくて・・。

でも、五竜岳、2パーティーはピンポーン!でした。(^^)

Posted by: Nob | 2005.04.25 10:01 PM

う~ん・・・2パーティとも五竜岳なんですよねぇ。同じ遠見尾根ならパーティを別にする必要ないだろうし。
1WのVX-2で交信できる距離ということで、遠見尾根と八方尾根から別々に登って五竜山荘で合流と読んだ。

Posted by: おじん | 2005.04.26 07:08 PM

>遠見尾根と八方尾根から別々に登って五竜山荘で合流と読んだ。

では、5月6日の小屋番日記で正解を発表します。(^^;

Posted by: Nob | 2005.04.26 09:29 PM

えっと、Nobさんがリーダーの場合には、ターニングポイントを重要視するでしょう。よって、西遠見山か大遠見山のテン場から引き返した・・・という報告をお待ち申し上げております。(^_^;)

Posted by: おじん | 2005.04.27 09:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 季節はずれ?のアイゼントレ:

« GPSの勉強会 | Main | わが愛しのアイテム(その8) NIKWAXを使う »