« 季節はずれ?のアイゼントレ | Main | 7年ぶりに封印を解く »

2005.04.29

わが愛しのアイテム(その8) NIKWAXを使う

RIMG0002-s

先日、新人クンがNIKWAXを使ってくたびれた雨具を新品同様にしたと自慢気に話していました。
彼は登山用具とそのメンテナンス法に滅法強くて、当会の頭の固いオジサン連中に重宝されています。

私も以前NIKWAXは使ったことがあります。しかし、その時は洗剤とセットで使う撥水液がスプレー式のもので、これがずいぶんと使いづらかったのです。
いまでもこのタイプは販売されています。
何が使いづらいかと言うと、洗剤で洗ったばかりの水が滴る状態で速やかにスプレーしなければならないのです。
しかし、実際にやってみるとわかるのですが、洗濯機から雨具を取り出してボタボタ水が床に落ちている状態のまま急いでベランダに直行し、ハンガーに吊してからスプレーするという技はなかなかむずかしいものです。
床には水滴がポタポタ落ちているのでカミサンからは叱られるし、もう大変なのです。
しかも、スプレーから出る霧は白いニカワ状のもので、均一に塗れないで白い染みが出たりします。
これに懲りて、ずっと使っていなかったのですが、最近は「撥水液の方も洗濯機の水槽に溶かして使うタイプになったんスよ。」との新人クンのお話しで、再度トライする気になりました。

RIMG0010R-s

で、使ってみたらこれが簡単!
洗濯機に雨具上下セットを1着とゴアジャケット上下1着、それにロングスパッツ、オーバー手袋まで入れて、専用洗剤で洗濯します。
終わったら、今度は洗濯1回、すすぎ1回の設定にしてから件の撥水液をドボドボ入れるだけでした。
スプレー式とはちがってまんべんなく均一に撥水液が塗布されるので、染みができる心配もなく仕上がりは最高でした。(^^)
乾かした後、仕上げにアイロンがけして出来上がりです。新品同様とまではいきませんが、かなりいい感じでした。

RIMG0008R-s

ただし、20年以上も前の厚手のゴアジャケットの方は、内側の目止めシールがほとんど全て剥がれてしまいました。
洗剤の「使用上の注意」をよく見ると「ジャケット等古くなるとシームテープがはがれる場合がありますので、テープ剥離の恐れが有るものにはご使用できません。」・・・とありました。(^^;

あ、それから、悪口ばかり言ったスプレー式撥水液ですが、内側にシンサレートなどの吸湿性の布地が付いている場合には、こちらの方を使うしかなさそうですね。

|

« 季節はずれ?のアイゼントレ | Main | 7年ぶりに封印を解く »

Comments

愛用ウエアのメンテナンスお疲れ様です。水玉写真を拝見すると、中々グッドな仕上がりですね。

シームテープの剥がれを拝見する限りではウエアとしては寿命を感じますが、Nobさんが20年以上愛用しているには相当の愛着があるのでしょう・・

と言う事で、次はモンベルのGORE-TEXパーマネントリペアシートをお勧めします。
https://www2.montbell.com/japanese/asp/products/Spg_shosai.asp?cat=5301&hinban=1124151
この商品はゴア製品のリペア用として販売されていて、通常は破損した部分の裏地に当てて使用します。このリペアシートをハサミでシームテープ幅に切って、アイロン熱でシームテープが剥がれた部分に圧着すればOKです。

20cm×20cmサイズですから幅2cmで切っても20cmのテープが10本取れますから1シートで十分だと思いますよ。それに価格も525円とってもリーズナブルでしょ!

この僅かな金額と、もう少しの愛情をプラスしてあげる事により、Nobさんと一緒に20年間様々な雪山シーンを歩いてきた愛着のアウターが復活するんですから頑張ってみて下さい。

では~♪

Posted by: ma3nobu@新人 | 2005.04.29 10:46 PM

新人クンへ
相変わらず貴重なアドバイスをありがとう。
でもなあ、ジャケットの上着の裏に貼ってあったテープは全て剥がれちゃったからなあ。
2シートはいるだろうなあ。
それよりも写真で見てもわかるとおり、貼り付ける下地に古いテープの接着剤が粉状に残ってるんですよねえ。うまく密着するだろうか???
表からセメダインみたいなやつで縫い目をつぶすしかなさそうです。(^^;

Posted by: Nob | 2005.04.29 11:13 PM

おはよーございますー

昨日のコメントの最大のポイントは先輩が20年物のウエアを今も大切にメンテナンスしている点なんですね・・・

いつも通りの毒舌で恐縮ですが、ストレートに申し上げれば20年物のアウターウエアなんちゅーもんは製品構造的にも機能的にも前世の遺物と言える代物であると思われます。
が、しかし、そのウエアはNob大先輩が今まで歩き続けてきた山に対する想いが数多く刻み込まれている大切な相棒でもあるのでしょう・・・

だからこそ、ボロボロヨレヨレになりつつある現在も、高価なニクワックスを使用して洗濯をするのだと思われますが、それは正に往年のクラシックカーをリストアする事と同様の気持ちなのだと思います。ふふふふ・・・

で、あるならば、まずは古いテープの接着剤をベンジンなどで綺麗に取り去った上で、時間をかけてリペアシートを貼る作業を行うべきだと思いますがいかがなものでしょうか?
と言いますか、僕なら必ずやりますよ。うん。絶対に・・・やるだろうなぁ・・人から見たら単純に古いウエアかも知れないけど、自分にとって大切な愛着たっぷりの山道具ならクルマのリストアの如く何日も時間かけても修復します。

今後ハードな厳冬期雪山には使用出来ないだろうけど、優しい山行時に一緒に山に行く事を夢見て・・

例えリペアシートを2枚使っても、たかだか1050円なのですから「わが愛しのアイテム」の為に、ぜひリストアしてみて下さい。

では~♪


Posted by: ma3nobu@新人 | 2005.04.30 09:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わが愛しのアイテム(その8) NIKWAXを使う:

« 季節はずれ?のアイゼントレ | Main | 7年ぶりに封印を解く »