« 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 | Main | 存続か解散か »

2005.03.03

中級山岳って面白い

このところ標高1500mから2500m以下の、いわゆる中級山岳と呼ばれる山々に通うようになりました。
天神尾根から南に走る高倉山、上州武尊山、信州湯ノ丸山や篭ノ登山、奥日光にある高山、、、

今冬はどこに出かけても雪が多く、アプローチの易しいそれらの山々であっても、スノーシューを活用してなかなかの雪山登山を楽しませてくれました。

身体の故障などもあり、山の仲間の配慮でアルプスの高峰にではなく標高の低い手頃な山々を選んでくれたのもうれしいかぎりです。
故障モチの身体にはローインパクトな山の選定は本当に助かります。

山高きが故に尊からず。
アルプスの高峰にはもちろん大きな魅力を感じますが、おんぶにだっこで連れて行ってもらっても自分の身につくものでもないし。
それならば低山でもいいですから、今の自分の力量を十分に発揮できる山登りを続けていきたいものです。

|

« 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 | Main | 存続か解散か »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中級山岳って面白い:

« 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 | Main | 存続か解散か »