« スノーシュー vs フリートレック(その2) | Main | 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 »

2005.02.22

わが愛しのアイテム(その6) ペットボトル活用術

ペットボトル2個使い

2リットル入りお茶のペットボトルはどこの家庭でも一つや二つは転がっていますよね。我が家でもゴロゴロ転がっています。
車で山に行くときは美味しい清水を汲むのに持っていきますが、ふだんはそれ以外の用途は特になく、資源ゴミの収集日に片づけられてしまいます。
この2リットル入りボトルを2個輪切りにして重ねると大きさ自在の便利容器に早変わりします。この優れワザを教えてくれたのはハイキングクラブの古い友人です。

バナナやブドウ、それに生卵、パンなど形が崩れては困る食べ物をザックに詰めるのにとても重宝します。件の友人は500ml入りの小型ペットボトルの「作品」も作っていて、救急薬品入れに使っていました。
長所はもちろん、安くて軽いこと。型くずれしにくいし、壊れても惜しくはありません。
反対に短所は、すこし開けづらいこと。これもボトルの一方を少しへこませれば簡単に開けられます。
まあ、材質が弱いので長く使うわけにはいきませんが、すぐに作り直せるし、材料は潤沢にあるので問題ありません。
こういう小技を知っている点ではハイカーの皆さんには敵いません。クライマーの利用法はハサミで切り抜いてアイゼンのスノーシャットを作る位かな?

ちなみに、輪切りにした上の部分はキャップを外して「簡易じょうろ」にもなることを覚えておきましょう。テルモスにお湯を注ぐときに便利ですよ。(^^)

|

« スノーシュー vs フリートレック(その2) | Main | 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 »

Comments

素晴らしいぃ~♪
中身が見えるのが、とってもグッド!
僕も作ってみよう・・・・・

Posted by: ma3nobu | 2005.02.24 03:38 AM

作るときの注意点:
ペットボトルの中間部に三角形状のくびれがあります。
ひとつはこのくびれの真ん中で切り落とすこと。もう一つのペットボトルはくびれのない部分を切ること。
こうすればスムーズに出し入れしやすいです。

Posted by: Nob | 2005.02.24 08:47 AM

なるほど。メスとオスの関係ですな。

Posted by: おじん | 2005.02.24 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わが愛しのアイテム(その6) ペットボトル活用術:

« スノーシュー vs フリートレック(その2) | Main | 自惚れの代償は「白い蟻地獄」 »